2015年4月3日金曜日

4・17宮下公園ナイキ化国賠勝利集会~迫り来る公園再整備・再開発・五輪に向けて

2011年4月に提訴し約4年に及んだ国家賠償請求裁判は、今年3月13日に判決が出されました。
原告の元宮下公園野宿者に対して、強制的排除はやりすぎだとして11万円の支払いを命ずる内容でした。
また、判決文において裁判長はナイキ化のプロセスの違法を指摘しました。
画期的な勝訴判決です。
現在の宮下公園は、違法な強制力とプロセスで出来た公園ということになります。
ただ、原告(3団体、1名)すべての主張が裁判によって認められたわけではありません。
集会では弁護士が判決を分析し、原告それぞれの立場から発言をします。

渋谷区は、三井不動産によるとんでもない「新宮下公園等整備事業」を今年の6月議会に再提出を画策しています。
再開発も五輪をにらんで様々な形で具体化しています。
そのような中で、この判決を大きなバネにして、野宿者や貧困者排除に抗し、公共の場所を守り作っていきましょう。

多くの方の参加をお待ちしています。

<速報>
3月26日に渋谷区は判決を不服として控訴しました。宮下国賠は、高裁という新たなステージでさらなる勝訴に向けて続きます。

日時 2015年4月17日(金)18時30分~
場所 渋谷区勤労福祉会館第二洋室(http://goo.gl/ykcaI)
料金 資料代300円(貧困者は無料)

内容
・弁護士による裁判の経緯と分析
・各原告による発言
・元宮下公園野宿者を強制排除した映像(渋谷区の提出した証拠)
・新宮下公園等事業、渋谷再開発などの報告
・質疑応答

よびかけ 宮下国賠原告団

問合07065110639 

0 件のコメント: