Translate

2023年1月10日火曜日

渋谷区HPへのサイバー攻撃についての渋谷区見解やメディア報道について

1月3日以降の「アノニマス」を名乗る者による、渋谷区の野宿者排除に対する抗議を理由とするサイバー攻撃は、私たちにとって新年そうそうの驚きであった。

また、美竹公園・神宮通公園における渋谷区による野宿者追い出しに関して、「アノニマス」のツイートは、事態をよく把握したものだった。
一方、渋谷区のコメントや渋谷区による情報を垂れ流すメディアにはうんざりさせられた。
渋谷区のメディア向けリリース(1月4日)には、以下の文言があるようだ。

「路上生活者に対して、他自治体よりも手厚いサービスを行っています。また、シェルターは公園ではなく、個別のアパートを用意していることを改めてお伝えいたします」

渋谷区は何を根拠に他自治体よりサービスが手厚いと断言するのか
長年に渡り、野宿者であり、または野宿者とともにある私たちは、同胞たちから、特にそのような声を聞いてはいない。
そもそもサービスが手厚いか否かを問われているわけではないはずだ。

渋谷区の問題は、他自治体より手厳しい排除を行っていることだ。

公園には、シェルターとして長い歴史がある。そして、セーフティネットとしての機能がこれまでも、現在も備わっている。多くの公園が震災時の避難場所として指定されていることからも、それは明らかである。

個別のアパートを用意している、というが、渋谷区のハウジングファースト事業は6部屋しかない。
原則3ヶ月、最大6ヶ月である。生活困窮者自立支援法の一時生活支援事業に基づいており、食事については缶詰や穀物の現物支給であり、生活保護と異なり現金の支給はない。アパートといっても、友人を呼ぶことも、電話番号を教えることも禁じられている。門限もなく個室であるのは利点だが、見えざる施設というべきものだ。
また、渋谷区のハウジングファースト事業は、開発地域にあるテント・小屋の野宿者を主な対象としており、その他のケースでは利用を断られることがほとんどだ。公共地の開発を推進するために、野宿者を追い出し、それを正当化するための事業と言わざるをえない。

本件に関して、テレビ・新聞などの大手メディアは一斉に報道した。
しかし、渋谷区のリリース(福祉の問題に論点をずらし、福祉の実態にも適合しないもの)をそのままに報じた。
そして、美竹公園には触れているものの、12月14日における神宮通公園からの排除についての言及はほとんどなかった。
渋谷区の酷さについては、10月25日美竹公園閉鎖や12月14日神宮通公園排除などに、より明瞭に現れている。
もちろん、7900万円もの税金を投入した美竹公園の仮囲いや、行政代執行は、排除のための暴力的な手段であったが、私たちが、それらの危険を避けるために「避難」した神宮通公園(北側)まで渋谷区が法的手段すらとらずに即日に強制排除したのは、異様としか言いようがない冷酷さ、人権軽視であった。
私たちは、メディアに対して、渋谷区の見解を鵜呑みせず、経緯を把握し、問題について正確な報道をするように求める。

私たちは、渋谷区に、改めて求める。
2度と、野宿者の荷物の排除、および野宿者排除をするな。

2022年12月31日土曜日

【報告】12月27日⚠️緊急行動⚠️わたしたち野宿者はこの街に生きている。渋谷区は、神宮通公園の「利用禁止」を解除して、野宿者排除を繰り返すな!


年の瀬も押し迫った12月27日、私たちは渋谷区庁舎前に集まった。美竹公園からの仮囲いと行政代執行による強制排除、そして避難先の神宮通公園での12月14日の荷物強奪について渋谷区に抗議の意思表示をするためだ。

30人程が手に手に「渋谷区の野宿者襲撃を許さない」「人権を無視するな」など色とりどりのプラカードを掲げた。「渋谷区は、企業を中心とした公共の公園と言えないような公園づくりを、宮下公園に続いて美竹公園でも行おうとしている」「12月14日、渋谷区は何の法的手続きも取らずすべてを持ち去っていった」「野宿者を人間として見ていない」「こんなことをしておいて何がダイバーシティだ」とマイクの声も響き渡った。区庁舎前を行く区民や区職員らにビラを配ろうとすると警備員が執拗に妨害してきたが、人々の関心は思いのほか高く、たくさんの人がビラを受け取っていった。


区庁舎前での情宣のあと、区長宛の要望書を手渡すため9階総務課フロアへ。

要望書は神宮通公園テント居住者とねる会議によるもので、①(12月14日の荷物強奪について)責任の所在を明らかにし謝罪すること、②二度と荷物の撤去を行わないこと、③神宮通公園の不当な利用禁止と夜間施錠をただちに取りやめることを求めている。


渋谷区庁舎9階フロアは来庁者と執務スペースの間が自動ドアで固く閉ざされている。そこで「長谷部区長出てこい!」「野宿者排除を繰り返すな!」と声を挙げたのち、やってきた総務部石井道久参事に要望書を手交した。


しかし石井参事は、受け取った要望書を区長と公園課のみに供覧する、回答はお約束できないというので紛糾。私たちは12月14日、まちづくり推進部担当部長米山淳一、危機管理対策部長山中昌彦、交通政策課長吉武成寛、清掃リサイクル課長田山宗昭ら、公園課以外の部署の管理職たちが現場で指揮を執っていたのを確認している。あの許しがたい荷物強奪は、公園課独自の判断で行われたものではなく、全庁的な、少なくとも各課横断的な体制で行われたものだと考えている。実際、公園課を追及しても肝心なことは何一つ把握しておらず、「区として」やったと繰り返すのみだった。関係した各課にわたしたちの要望を知悉させるためにも、責任の所在を明らかにするためにも、要望書を全庁に供覧するよう強く求めた。石井参事は、12月14日神宮通公園排除について、事後的におそらく公園課から聞いたかな、などと自分の責任については言葉を濁したが、そうであるならば、なおさら今件の発案者たちのもとへわたしたちの要望を届ける必要がある。また、反貧困ネットワークの要望書は関係部局に供覧した、ということだった。

公園課と区長のみとする、合理的理由を説明できなかった石井参事に、区長、副区長、および、土木部・まちづくり推進部・危機管理対策部・環境政策部・福祉事務所の全職員には供覧することを約束させ、年明けに回答について連絡をとることとなった。

私たちは、渋谷区による野宿者排除、野宿者襲撃を決して許さない。12月14日に行われた神宮通公園での荷物強奪について、二度と同じことを繰り返させないためにも、これからもきっちりと追及していく。


報道>OurPlanet-TV「野宿生活者を排除するな」公園を封鎖した渋谷区に抗議行動
https://www.ourplanet-tv.org/46150/

-----

2022年12月27日

要望書

長谷部健 渋谷区長殿

わたしたちは、12月13日以降、神宮通公園においてテントなどで暮らす者(神宮通公園テント居住者)および、その者たちを含む、野宿当事者団体<ねる会議>です。

以下、要望します。

1、12月14日夕刻、渋谷区職員は、神宮通公園テント居住者のすべての荷物(テント、財布、服薬中の薬、仕事道具など)を法的根拠すらなく暴力的に撤去しました。甚だしい人権侵害であり、野宿者差別、人命軽視であると感じています。渋谷区の首長として、責任の所在を明確にするとともに、わたしたちに対し真摯に謝罪することを求めます

2、神宮通公園テント居住者に対して、2度と荷物の撤去を行わないでください

3、神宮通公園北側の不当な利用禁止をただちに解除し、神宮通公園の夜間施錠を取りやめてください

神宮通公園テント居住者、ねる会議











2022年12月26日月曜日

わたしたち野宿者はこの街に生きている。渋谷区は、神宮通公園の「利用禁止」をただちに解除し、野宿者排除をくりかえすな!

12月27日(火)12時30分 渋谷区庁舎前集合

渋谷区は、美竹公園で暮らしていた野宿者たちに対して、騙し打ち仮囲い封鎖工事を2度も行った。
避難した神宮通公園には大勢の職員が襲来し、野宿者の毛布・財布・薬など一切合切を横奪した。
美竹公園を行政代執行によってトラックに荷物を積み込み撤去した。
わたしたちは渋谷区との圧倒的な力の差に、生きる力を奪われそうになった。
しかし、野宿者たちは抵抗し起き上がった。そして駆けつけた仲間たちの応援と共に、荷物を取り返し、現在、徐々に生活を取り戻しつつある。
とはいえ、渋谷区は神宮通公園を「利用禁止」にし続けている。
実際の神宮通公園は、わたしたち野宿者を含め、地域の子どもたち、近隣住人など、さまざまな人たちが利用し、公園は開かれたままだ。
わたしたちは、これからも助け合いや繋がりを作りだし、この街に生きる。

ねる会議は、野宿者排除を繰り返す渋谷区に抗議するとともに、神宮通公園の「利用禁止」の解除を求めて、渋谷区庁舎前で抗議情宣、要請行動を行う。
仲間たち、ともに声をあげよう。

2022年12月24日土曜日

生き抜くことがたたかいだ!美竹公園で野宿者強制排除!2022-2023 渋谷越年越冬闘争、過去最大級のご支援ご注目お願いします!

過去にも強権を振るって、野宿者の居場所を奪い破壊してきた渋谷区は、野宿の仲間が年末年始をともに生き抜く私たちの取り組み・渋谷越年越冬闘争をも潰そうと構えていることは想像に難くありません。越年越冬闘争は「仲間の命は仲間で守る」を合言葉に、年末・正月休みの1週間、そして極寒の冬を、野宿の仲間・貧しい仲間が集まって皆で力を合わせて生き抜くための重要な取り組みです。皆で無事あたたかい年越しができるよう、私たちは今年も越年越冬に全力で取り組みます。野宿者排除、炊き出し潰し、公園潰し、越年妨害をさせないために共に抗議の声を!過去最大級のご支援・ご注目をお願いいたします。

越年期間

2022年12月28日(水)13:00集合(予定) 打ち合わせ・設営・申し入れ
~ 2023年1月4日(水)早朝撤収 
※12/29〜1/3 連日 15:00集合 共同炊事、配食(18〜19じ)、全体よりあい、集団野営。イベント検討中

場所

予定していた美竹公園は12月20日に行政代執行され利用不可になりました。
場所については、ねる会議ツイッター@nerukaigi のじれんツイッター@shibuyanojiren などで告知します

※マスク着用、手洗い他、新型コロナ感染症対策にとりくみます。メシは基本的にお弁当持ち帰り、野営は一人テントにし、コロナ感染回避につとめます。

カンパご支援お願いいたします!
受付期間 2022年12月~2023年3月末日

★渋谷越冬実 銀行口座
みずほ銀行浅草支店(店番号618)口座番号1019075 シブヤエツネンエツトウトウソウ

★ゆうちょ 郵便局
郵便振替口座00160-1-33429 のじれん(「越冬カンパ」とお書き添えください)

※今年も毛布購入、発電機などのレンタル代、食材・カイロなど物資購入に充てます。昨年も新品下着の購入配布等、有り難く使わせていただきました!
※現地への物資持ち込みは基本的にご遠慮ください
※支援者で参加希望の方は、事前にメールにてお知らせくださるようお願いいたします。

★連絡先 メール nerukaigi@gmail.com

越年突入前に、渋谷区に対し「野宿者排除やめろ!行政代執行やめろ」「炊き出しつぶしをやめろ」「越年越冬を妨害するな」の抗議をお願いします!

抗議先
渋谷区土木部公園課(井川土木部長、井戸田公園課長) 電話:03-3463-2888
渋谷区まちづくり第三課(安松課長) 電話:03-3463-2628
長谷部健区長宛 https://shibuya-form-mayor.seagulloffice.com/uketsuke/client
専用FAX:03-5458-4920 郵送:150-8010渋谷区宇田川町1-1 渋谷区長宛て
渋谷区政に対する意見 https://shibuya-form-mayor.seagulloffice.com/kocho-uketsuke/client

2022-23 渋谷越年越冬闘争実行委員会(渋谷越冬実)




2022年12月23日金曜日

東京都・渋谷区の野宿者排除に対する緊急要望書

12月22日、反貧困ネットワークが、渋谷区総務部に対して、「東京都・渋谷区の野宿者排除に対する緊急要望書」を提出しました。

なお、その際、口頭で三点付け加えていました。①要望書は必ず区長に眼を通してもらい、全庁舎で回覧すること。②解答期限は1月5日とすること。③強制封鎖による、野宿者の方本人の排除、その荷物の撤去を行わず、野宿者の人たちの生命と人権を損なうこと無いようにすること。

【記事】
「野宿者の声に耳を傾けて」40支援団体が渋谷区に申し入れ 公園などで強制封鎖・排除しないよう求める:東京新聞 TOKYO Web
https://www.tokyo-np.co.jp/article/221569

「野宿者を強制排除しないで」支援団体が渋谷区に要望書:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASQDQ7W7KQDQOXIE019.html

------

 2022年12月20日

東京都知事 小池百合子殿

渋谷区長 長谷部健殿

東京都・渋谷区の野宿者排除に対する緊急要望書

2022年12月14日に、東京都渋谷区は美竹公園を完全封鎖して野宿者を排除しましたが、その際、野宿者が避難して生活拠点とともに荷物を移していた神宮通公園にも同日夕に大挙し、事前の通告もなく全ての荷物を撤去押収し、その後も美竹公園仮囲い工事のための警備員が、神宮通公園も監視しています。

美竹公園に対しては事前に行政代執行の手続きを行っていましたが、神宮通公園には行っておらず、区の補正予算も美竹公園仮囲い工事のためで、神宮通公園への運用は区民にも議会にも諮っていません。

年末の公園強制排除は、行政の支援が滞りがちになる困窮者への炊き出しをも排除し、寒波募る夜前の強制撤去は、野宿者の生命をも危うくするものです。

生命と生存権を軽んじ、人権と尊厳を貶め、民主主義と法を無視した、暴挙です。

すでに宮下公園の再開発は、野宿者を強制排除し、今や商業ビルの屋上施設のようになり、夜間は野宿者のみならず区民も排除されています。

美竹公園再開発も、合同事業を行う民間企業への配慮が優先し、野宿当事者との合意形成なく推し進められています。

12月20日に美竹公園の行政代執行が予定されていますが、野宿者が避難した神宮通公園や、他の公園にも、強制封鎖・排除・撤去が恣意的に及ぶことを危惧します。

渋谷区はハウジングファーストを掲げていますが、はじめから排除か住宅かの二者択一を迫り、支援を受けないなら排除するという姿勢は、自己決定権の尊重をそもそも前提とするハウジングファーストの理念とは対極にあります。

野宿者には劣悪な無料低額宿泊所の強制利用など、これまでの人生で福祉行政への不信があるのに、このような強制的な封鎖・排除・撤去は、さらに不信を強めてしまうばかりです。

渋谷区はダイバーシティ&インクルージョン(多様性と包摂)を掲げています。野宿者に対してももちろんそれを当てはめ、野宿当事者の声に耳を傾け、多様な生き方を尊重し、社会が受け容れていく在り方を継続的に模索し、決して強制的な封鎖・排除・撤去を行わないよう、緊急に要請します。

一般社団法人反貧困ネットワーク

-------

※以下賛同団体

のじれん( 渋谷・野宿者の生存と生活をかちとる自由連合)、ねる会議、一般社団法人あじいる、医療と福祉の戦争協力に反対する連絡会議、起き上がり小法師、おとな食堂ちば、蒲田・大森野宿者夜回りの会(蒲田パト)、カトリック社会活動神戸センター、希望のまち東京をつくる会、月末食堂、有限会社ケイワンエンジニアリング、寿医療班、寿越冬闘争実行委員会、寿支援者交流会、コロナ災害対策自治体議員の会、NPO法人さんきゅうハウス、三多摩合同労働組合ゆにおん同愛会、自治市民、生活保護費大幅削減反対!三多摩アクション、精神保健福祉ボランティアグループかもめサポート、戦争への道は歩かない!声をあげよう女の会、一般社団法人自由と生存の家、総合工作芸術家 だるま森➕えりこ、だめ連、豊川いのちと未来のネットワーク@愛知、TransgenderJapan、日本山妙法寺渋谷道場、反貧困ネットワーク埼玉、ひとさじの会、府中緊急派遣村、平和カフェ、ピースムーブ・ヨコスカ、プレカリアートユニオン、NPO法人ほっとプラス、横浜桜木町パトロール、横浜水曜パトロールの会、横浜精神科福祉を良くする会(よせふくの会)、れいわしながわ勝手連

2022年12月20日火曜日

美竹公園の行政代執行についての「ねる会議」声明

本日12月20日、渋谷区立美竹公園で、長谷部区政の無能さを示し、傲慢さと恥辱にまみれた渋谷区による行政代執行(強制排除)がおこなわれた。
美竹公園周辺には3メートルの白い壁が取り囲み警備員だけが物々しく立ち並びんでいた。補正予算7900万円、このお金があれば、どれだけの貧困者が安寧を得ることができただろう。
美竹公園からは、私たちの荷物を載せて、数台のトラックが慌ただしく出発していった。
それらは、私たち、野宿者の生活の物資である(当座、必要なものを取り出したとしても)
それらは、90年代後半から、幾たびの追い出しを乗り越えながら作られてきた野宿者の記憶の堆積である。
渋谷一丁目地区共同開発事業(区、都、ヒューリック、清水建設)は、その始点において野宿者を追い出し、そして、その完成において、野宿者の痕跡を塗りつぶそうとしている。
しかし、私たちは、失われた美竹公園の姿を忘れることはない。
そして、くしくも戦災復興公園として美竹公園と共通する、神宮通公園において、助け合いの生活を新たに作ろうとしている。
私たちは、長谷部健区長のような二枚舌の偽物に、
渋谷を笑顔にする、といいながら人を不幸にする伊藤毅区議のような厚顔に、
すべての抑圧と差別を生み出す、行政や企業の歯車に、
決して負けるわけにはいかない。
私たちはここにいる。

2022年12月19日月曜日

Violent eviction is currently being perpetrated against homeless peopleby Shibuya-ku authorities.

On the night of December the 13th, after the authorities had suddenly without warning begun construction works putting up a wall around Mitake park, under threat of being forcefully evicted, we sought refuge in the nearby Jingudoori park.

Just as we feared, on the next morning of the 14th of December, construction works building a wall around Mitake park began. Although we managed to escape being imprisoned inside Mitake park by our evacuation the previous evening, of all things, on the evening of that day, shibuya-ku employees and security guards came to Jingudoori park in great numbers and took away all of our belongings. While our friends were surrounded by the guards and prevented from moving, they could only yell, "Don't take our belongings!" "Thiefs!", while the Shibuya-ku employees carried out an illegal, outrageous removal of personal belongings without any legal procedure or even bothering to ascertain the owners. Robbed of everything including food, blankets and work tools, our friends spent a cold night in Jingudoori Park, wrapped in the blankets which comrades had gathered in cardboard boxes. Gritting their teeth and rising back up the next day,  our friends managed to retrieve their stolen belongings from Shibuya-kus storehouse. And they continue to seek shelter in Jingudoori park, but the security guards supposedly guarding the construction of the wall around Mitake park continue to be deployed to Jingu doori park.  On tuesday the 20th, due to the planned execution of the  official eviction (行政代執行) of Mitake park, we need to expect many more security guard units to be mobilized. Shibuya-ku authorities robbing and chasing away of homeless people must not be allowed to go any further than this. For the sake of protecting the belongings of the homeless people seeking refuge in Jingu doori park, we need to be on alert for the three days of the 19th, 20th, and 21st. We will protect the belongings, retrieve the remaining robbed items, and carry out protests against the Shibuya-ku authorities. We call out for a mobilization of all comrades from everywhere to show solidarity and help us resist.

Dates: December 19th (monday) 20th (tuesday) 21st (wednesday) 2022
Place: Jongudoori Park 神宮通公園
Mobilizer: Nerukaigi ねる会議
Blog: http://minnanokouenn.blogspot.com/
Twitter: @nerukaigi

Important things to note:
We ask to absolutely notify Nerukaigi before gathering information for
any media source.
This is the living space of homeless persons. We ask to be considerate
of everybodys privacy.
The sitation is tense, so we ask to not bring any alcohol.
No taking photographs or filming or broadcasting without permission.
If you are planning to stay the night, we do have some blankets on site,
but we ask to bring your own sleeping bags/blankets if possible.
We reject national flags, any symbols of nationalism,  and any hate speech. We refuse particiation of anybody who reacts to differences of
opinion with violence.