Translate

2019年5月19日日曜日

西成労働福祉センターの強制封鎖・強制排除に抗議する

2019年4月24日、巨大なタンカーか空母を思わせる、そして電気が切られた後はクジラのお腹の中のように薄暗かった、西成労働福祉センターのシャッターが閉じられた。
その腹の中で午睡をまどろんでいた人間たちは手足をつかまれ外へ放り出された。
誰によって?
大阪府の職員とそれを取り巻く警官とそれを取り巻く釜ヶ崎開発で儲ける奴らとそれを取り巻く無関心と侮蔑を人間性と取り違えた多くの人たちとそれを取り巻く、なんだろう、この社会を浸している「安全・安心」や「ダイバーシティ」などというフンワリとした通りのいいかけ声によって。
私たちは場所を奪われる前に言葉を奪われてきた。
もちろん、私たちは「安心・安全」に暮らしていきたいし、多様でありたい。そして、それは充分ではない難しいことだし、挑戦していこうと思っている。しかし、権力者が上の方から語り、その反響がこだましている空間では、安心・安全・多様性などの常套句は、目も耳も塞ぐ言葉になる。

2019年4月24日、西成労働福祉センターのシャッターが閉じられた。
50年に渡って、毎日のように、労働者が出入りし、求人車が出入りし、身体を休める人が出入りしてきた、大きな口が閉じられた。大阪府は丁寧にもシャッターを溶接したという。
私たちは、4月中頃、越年闘争で集まった毛布を渋谷から車でセンターに運んだ。そして、90名を超える人たちがダンボールで場所を作りセンターに就寝している姿をこの目で見た。そして、私たちはその歴史からすると、ほんの一時だが、その大きな口に入り、ダンボールを敷いて眠った。

2019年4月24日、西成労働福祉センターのシャッターが閉じられた。
センターで起きたことは、全世界で起きていることである。渋谷で野宿者の寝場所を守り、作り、応援してきた私たちは、そのことを知っている。
センターで寝ていた人たち、仕事をしてきた人たち、闘いを支えてきた人たちに熱い連帯をこめて。

2019年5月19日 宮下公園ねる会議

釜ヶ崎センター開放行動の連続抗議行動(5月19日・21日)への連帯声明です。
抗議行動などの詳しい情報は以下
https://twitter.com/OpenKamaCenter

2019年5月14日火曜日

渋谷区再び「警告」、即刻「警告」を中止しろ!


5月8日、渋谷区が荷物撤去の「警告」を仮庁舎周辺に新たに10枚ほど貼った。撤去期限は5月15日になっている。
話し合いしているのだから「警告」はやめろと、さんざん抗議したにもかかわらずのことだ。15名で臨んだ翌5月9日の渋谷区交渉は、当然ながら、話し合いするつもりあるのか、との追及から始まった。田山(保健相談所)所長も石井課長も荷物を撤去してください、福祉を利用してください、と連呼するばかり。
しかも、渋谷区は5月9日も10日にも執拗に「警告」を貼ってきた。荷物は生きていくために必要なものだ。威圧するのはいい加減にしていただきたい。即刻、「警告」攻撃を止めろ!

美竹公園に暗雲!

4月26日の仮庁舎解体説明会の時、第三仮庁舎跡地について渋谷区は更地にするとしか答えようとしなかった。地域住民が美竹公園に戻すと聞いている、と言っても、総務課長は土木部からは更地の後は具体的に決まっていないと聞いていると答えた。
当ブログで報告しているように、第一仮庁舎を解体した(約2年)後に、第一から第三までの跡地を一体的に開発する計画を都・区で進めている(渋谷区役所仮庁舎跡地共同開発事業)。
第三仮庁舎は美竹公園に建てられたものだ。解体後、美竹公園に戻すという当たり前の話に暗雲が立ちこめてきている。
また、解体工事時に、美竹公園のスロープを潰して、その幅で奥まで仮囲いを作る計画になっている。公園課長は、これまで解体工事に公園は使わないと言っていた。話がちがうし、車イスの出入りが出来ないのは大問題だ。
5月9日渋谷区交渉では中村・公園課長(公園プロジェクト担当課長)に、これらの点について問いただした。

――仮囲いで公園の面積が狭くなるのは今までの話とちがう。おかしい。そもそも、狭くする理由は?
中村 解体をしていくにあたり、公園の利用者等に安全の支障があるからです。中の工事がうまくできない。(駐車場内の)ゴミ置き場を撤去するから。
――理由がはっきりしないなら業者に聞いてください。スロープがなくなると車いすの方などの利用が制限される。美竹公園を含め公園をバリアフリーにするという方針と矛盾している。
中村 期間にもよると思います。
――しかも美竹公園は一時避難場所ですよ。地震があった時にどうするんですか。車イスの人はどこに避難すればいいのですか?
中村 それは、ちょっとすいません。
――ここに入れなくなりますよね。
中村 車いすでは入れないかもしれないですけど、下の道のところまでは来れますよ。その後どうやって上げるかというのはありますけど。
――排除になります。知っている範囲でも車いすの方が公園を利用されていますよ。
中村 おひとりですか?
――そうですよ。検討してください。
中村 検討はあるとおもいますけど。
――責任もってスロープを確保してください。
中村 公園敷地が減ることは公園課としても望まないが、安全確保を優先する。
――スロープがないことが危険なんですよ。美竹公園側のスロープをつかえなくするのは国交省省令違反では?
中村 確認する。
――3庁撤去後、公園に戻すという方針は変更したのか?
中村 変更していない。ただ、いつ美竹公園として整備してオープンさせるのかは決まっていない。
――更地の後は決まっていないとの解体説明会の石井課長発言と違うのはなぜか?
中村 公園が美竹公園として、この付近に必要だというのは間違いないです。都市計画として必要となっているので、都市計画を変えないかぎり変わらない。
――3庁跡地が公園になるのかを聞いている。
中村 ここジャストかといわれると決まってない。
――区長発言九月定例会では「第二第三庁舎解体後、第一庁舎が残る2年半程度の間も、~美竹公園については、地域の皆様にご利用いただける空間として確保いたします」とある。区長発言と矛盾するのでは?
中村 確認させてください
――第二仮庁舎跡地と一緒に考えているのか?
中村 それもあるかもしれないですよね。全体をどうするのかという中で公園を考えていくかもしれない。公園課は東京都と話していない。区長発言通りですが、全体の話しの中で場所が本当にあそこか(3庁跡地か)を含めて検討にはなる。
――空中とか。建物の上?
中村 それは分からない。分からないけど、公園としてはなくすことはないと思いますよ。

中村課長の発言は驚くべきものだ。3庁跡地が公園になるかどうかは「全体の話の中で検討する」、「ここジャストかと言われると決まっていない」。
一体、渋谷区は何を企んでいるのか!?
宮下公園の二の舞になるのか!?


渋谷区が仮庁舎解体工事説明会を抜き打ち開催!!大嘘!!

私たちは解体工事説明会について、石井課長などに会う度に尋ねてきた。4月22日に会った時も24日に会った時も尋ねた。答えは、まだ決まっていません、ばかりだった。
26日15時前に石井課長と交渉についての電話連絡を行った時にも、説明会については尋ねた。以下がそのやりとりである。

---説明会はどうでしょうか?
石井 説明会は町会の方たちにはしますけど、 あなたたちはこうやって会っていますからね
---つまり広く周知して行う説明会はやらないということですか
石井 まぁ、そうですね、町会の方とかそういった方たちを対象にやりますけどね
---いつやられるんですか?
石井 そこは、まぁ、よろしいんじゃないですか。私たちの方で進めていくわけですから。
---それは町会の方以外は入れないというものなんですか?
石井 基本的にそのように考えています

町会に対して個別に行う説明会という話にしか聞こえなかったが、一応、念のために解体工事の事前周知を行う環境政策課公害指導係に問い合わせ調べてもらったところ、驚いたことに、当日26日18時30分から開催されることが判明した(しかも公害指導係すら情報を把握していなかった)。希望者は誰でも参加できるとのこと。大嘘じゃないか!

説明会の出席者は以下だった。

司会 八木(庁舎管理課庁舎管理係長)
説明者 渋谷区 石井課長(総務・庁舎管理兼務)、杉浦(総務部新庁舎公会堂整備担当課長)、田山(中央保健相談所所長) 施工業社(郡リース) 久保、高井、西村

石井課長自らが説明者としてメインで挨拶をしている。早速、質問時間に、説明会を知らせなかったことを強く抗議した。開催を隠蔽して行う説明会など会として成立していない!
石井課長は個別説明もできる、そこで説明していると思います、とごまかす。
野宿者を強制排除するつもりなのか、という質問には、石井課長は、福祉相談や荷物撤去をお願いしている、とはぐらかす。

以下、分かったこと
・6月5日から仮囲いを予定。3庁部分の仮囲いは既存フェンスの内側にする。しかし、美竹公園は2庁との境を出入り口スロープ幅で奥まで仮囲いする。
美竹公園は狭くなる!スロープが使えない!
・2庁・3庁の間の通路は工事中も工事後も貫通させる計画がない。不便!
・3庁解体後更地にして土木部に移管する、それ以降は検討。3庁跡地を(美竹)公園に戻すと言っていたではないかと住民が問い詰めるが、公園にすると答えない。怪しい!
・2庁解体後は、児童館地下躯体はそのまま都に引き渡す。都からはその後の利用計画は聞いていない。




2019年4月24日水曜日

選挙翌日、撤去警告




長谷部健区長2期目当選が決まった翌日である4月22日、渋谷区が(元)仮庁舎周辺に警告を大量に貼った。区長続投を見極めた渋谷区が野宿者の毛布などの生活物資、ひいては野宿者の排除に動き出した。長谷部区政の姿勢が露骨に表れたものだ。
しかも、同日、庁舎管理課長などと私たちは次回交渉に向け会ったところだった。課長は、警告についてはおくびにも出さなかった。昨年末から渋谷区と重ねてきた話し合いを台無しにする不誠実きわまるやり方である。私たちは、これまでも渋谷区には裏切られ騙されてきた。またもや同じことを繰り返す渋谷区。とうてい許しがたい。
「渋谷区庁舎管理者」は、ほんの10数メートルの空間に30枚以上の警告を連日貼り付けるという尋常でないやり方で、野宿者に圧力をかけている。
ただちに、不当な警告をやめろ!

2019年4月10日水曜日

長谷部健渋谷区長にパワハラ疑惑!その2

パワハラ裁判について情報公開を行った。しかし、訴状、答弁書などは原告の個人情報が記載されているとして非開示。一部開示された渋谷区庁内の報告文書にしても、ほぼ黒塗りで、渋谷区側が過敏になっている様子が伺われる。いずれも訴えなどについて開示可能な部分が本当に存在しないのか疑わしい。
開示された部分からは、東京地裁306号法廷において、第一回期日は1月21日、第二回期日は3月18日に開かれていたことが判明した。
次回の被告書面提出期限が5月16日のため、第三回期日は5月23日(木)前後のはずだ。
区長選も控えている渋谷区は疑惑を市民の前に明らかにするべきだ。


2019年4月5日金曜日

長谷部健渋谷区長にパワハラ疑惑!

昨年12月に、長谷部健区長が元区職員からパワーハラスメントで訴えられていることが明らかになった。2019年第一回渋谷区定例議会(2月26日)において、笹本由起子議員(無所属)が質問で触れたものだ。
それによると、笹本議員は、複数の議員や議会関係者から区長が元職員に対して暴力を振るったか暴言を吐いたようだ、という噂を耳にしていたとのことだ。そして、区長のパワハラに関する訴訟が提起されたことを承知した、として訴訟理由などについて質問をした。
区長は、昨年12月に区と区以外の法人が訴えられていること、原告がパワハラを受けたと主張していることを認めたが、現在係争中であるため詳細な答弁は控える、とした。その上で、これまで一貫してハラスメントのない職場環境に取り組んできました、私がパワハラを行ったという相手の主張は全くの事実無根です、裁判の場でしっかりと主張していく、と区長は述べた。

長谷部区長がハラスメントのない職場環境に取り組んできたということが仮に本当であっても、パワハラを 自身が行っていないという証明にはならない。
元職員に訴えられるという事態を区長は真摯に受け止めるべきだ。区長の言動が、元職員にとって、さらなる被害となる可能性も高い。
裁判の現状を含め不明な点が多いのも問題だ。
区政の一面を示すものである、この件について渋谷区は明らかにすべきだ。

笹本議員の質問(公開録音)は以下
http://urx.red/ZoCi



2019年3月31日日曜日

渋谷区仮庁舎跡地で再開発計画???

今年1月15日、渋谷区の新庁舎がオープンした。宮下公園同様、三井不動産が絡んだ計画で新庁舎敷地にはタワーマンションが現在建設中だ。
その一方で、これまで使用してきた仮庁舎の跡地開発が明るみになった。
渋谷区の仮庁舎は、渋谷小学校体育館など跡地・東京都児童会館跡地・美竹公園の連続する土地を使って横並びに、第一から第三まで作られ、2015年110月より利用開始された。
体育館など跡地に作られた第一は重量鉄骨を使った本建築だが、児童会館跡地(第二)と美竹公園(第三)はリースのプレハブである。第一には生活福祉課、おやじ日本(NPO)、渋谷サービス公社などが現在も入っており、第二にある保健所は4月末で第一に移転し、第三についてはすでに利用されていない。
第二・第三は今年6月から10月にかけて解体予定だ。
第一は、神南分庁舎跡地に作られる複合施設の完成する約2年後を待って、その後に解体される予定だ。

昨年9月本会議定例会において、長谷部区長は「美竹公園の機能を確保しながら区有地と都有地を一体利用する方向で、現在、東京都と調整を進めております」と発言をした。区長発言にあるように、この構想には難点がある。第一と第三(美竹公園)は区有地だが、第二は都有地だからだ。区有地が都有地をサンドイッチしている状態だ。しかも、この都有地については、「渋谷地区ステップアップガイドライン」という指針を東京都が2011年に定めている。長谷部区長と二人三脚で宮下公園の開発などを行ってきた伊藤たけし議員は従前からこの都有地の活用を進言してきた。町会などの丸め込み役を担っている伊藤議員が地元要望という形も整えたこともあり、いよいよ現実化してきたかのようだった。
しかし、同計画について、昨年暮れから渋谷区総務課や公園課に直接質問をしてきたが、「区長の頭の中にはあるのではないか」「全く知りません」と胡乱な答えを繰り返してきた。

だが、都と区が昨年11月に協定を結んでいたことが、情報公開によって明らかになった。「渋谷区役所仮庁舎跡地共同開発事業に関する基本協定」がそれである。
渋谷区議事録を検索しても出てこないので、同協定は議会には一切出されていないらしく、議員にも知らされていない。まさに、トップダウンだ。



またもや「民間活力を活用した共同開発事業」である。乱開発状態の渋谷において、駅近くにある広大な土地は企業にとって垂涎の的。公園敷地を含む計画であり、宮下公園に続く企業利益優先・公園破壊の計画になる可能性が高い。長谷部区長は「美竹公園の機能を確保」と議会で言っているが、あくまでも「機能」だ。区長にとっては、5階屋上に作られる宮下公園だって「機能を確保」したつもりなのだろうから怪しい。しかも、基本協定の中では、美竹公園の機能を確保どころか、公園という言葉すら入っていない。これは大変、怪しい。

美竹公園は、野宿者や困窮者のための炊き出しが毎週行われ、厳しい冬をこえるための越年闘争が行われている場所だ。また、現在、美竹公園や仮庁舎周辺は野宿者が身体を休めるスペースになっている。これらは、宮下公園での強制排除の経緯の中でようやく得た貴重で希少な場所である。またしても、渋谷区は追い出しを行うつもりか? 公園を売り渡すつもりなのか?

実際に開発が始まるのは第一庁舎解体後の予定だが、その前にプロボーザル公募を行うことになっている。その時には大枠の内容は決まってしまっているだろう。
都と区は昨年11月以来、月1~3回、協議を行っているとのことだが、その内容についてはメモも残していないとして情報開示がされなかった。なぜ、記録を残さないのか? 水面下で動いていると言わざるえない。
渋谷区は市民に共同開発事業について明らかにしろ。
二期目を狙う長谷部区政の目玉にするつもりだろうが、困窮者を追い込み、大企業に優しい事業など、もううんざりだ。


3月27日 宮下公園前、抗議行動報告

中に入れろ!
さんざん、私たちは言ってきました。三井不動産本社ビルの前で、三井不動産による説明会会場の前で、そして、2年前の3月27日、宮下公園の前で。
その日、小雨降る中の早朝から深夜にかけて宮下公園から野宿者は追い出され、渋谷区職員・警備員・警察によって公園内に入ることは拒否され、白い鋼板が三井不動産によって設置されました。鋼板には、現在、障害者・ LGBTなど姿がファンシーな絵柄で描かれていますが、2年前に出現した、この鋼板は、私たちにとって、私たち/野宿者たちを追い出し、今もなお、追い出し続けている物理的・象徴的な壁です。
この壁を乗り越えたい! 自由に公園を使いたい! 追い出しは絶対忘れない!
3月27日はそのような思いをこめて宮下公園前に集まりました。









マイクアピール・ビラ配りの後は、公園の前でメシを食べました。食べること・ねることは生きる力です。私たちの生きる力を奪うことは役人だろうと財閥だろうと出来ないでしょう。宮下公園を奪い返すぞ!

それぞれのメッセージ
(1)公園を返せ
(2)公園で金もうけをするな!
(3)三井不動産よ、お前たちのやっていることは悪しきジェントリフィケーション(弱者排除)以外の何者でもない。
(4)中に入れろ/追い出しゆるさない
(5)公園かえせ/五輪いらない
(6)反権力/糾弾渋谷区/三井不動産よ、即時工事を中止せよ!金持ちの奴らだけが利用できる商業施設は宮下公園跡地にいらない!宮下公園を元に戻せ!!宮下之氏神様は怒っている!!
(7)公園かえせ!Take back Miyashita park!/オリンピックやめろ!/NO OLYMPIC!
(8)公園で金もうけするな/The park is not for sale!!/Don't privatize Miyashita park!!/Park not hotel!
(9)2周年 3.27
(10)宮下公園かえせ かえせ
(11)こうえんをビルにしないで