2015年3月30日月曜日

4月4日ねる会<夜バージョン> 21時から

4月4日(土)21時 宮下公園新階段下集合
(段ボールロケットWS お茶 DJ あり)

ねましょう!!!!4月4日ねる会


***************
<ねる会の報告です>



雲の向こうに月食の月はあったのでしょうか?夜空は雲に覆われて肌寒い夜でした。
夜9時、一人二人と宮下公園の大階段下に集まってきました。
そこには、もうすでに寝ている人もいます。
「ダンボールはもうでたかな?」
「いや、まだ早い」
「あまり遅いと回収されるよ」
数人はダンボールを拾いに街を歩いていきました。
「あっちのダンボールは小さいな」
「これはこちらの公園のおかかえダンボール」
そうして、路地裏へ歩いていくと、ありました。
どっさりのダンボール。
「さあ、どれがいいかな?いくつ必要かな?」
それぞれが自分のダンボールを選びました。
よっこいしょ。ダンボールは案外重い。ダンボールを抱えたり、頭に乗せたりして大階段へ戻りました。
おぼろ月がでてきました。
さて、ダンボールロケットづくりです。
何よりも、安心して夜間飛行できるように、作りたい。
何が安心だろうか。
頭はどちらの方向がいい?少し外が見えたほうがいい?どんな形?どんな大きさ?お隣との距離はどれくらい?
絵を描いてみます。
それぞれオリジナルのMYダンボールロケットを作りました。
その時、10時30分。
宮下公園を管理する業務を委託されているフィードの人たちがやってきて公園に鍵をかけて閉めてしまいそうです。
「公園の夜間施錠をやめてください。」と抗議しました。
でもフィードの人たちは、「バイトしかいないのでわかりません」という。バイトしかいないの?じゃあ、社員さんに聞いてみてください。とお願いすると、バイトさんは社員さんに連絡をしに事務所へ戻りました。
待っていたところ、社員ではなく警察官が三人現れました。
そして、フェードの人たちは警察官たちが見守る中で鍵を強引に閉め、夜間施錠に関しては何も答えませんでした。
これが公共公園?

さて気を取り直して、、、
ダンボールロケットはそろそろ完成してきました。
ロケットに寝袋と毛布を入れて、あたたかいお茶を飲んで体もあたまった頃、明々と照らされていた広告の灯が一つ消えました。
そろそろ出発。5、4、3、2、1、、、、、
おやすみなさい。
安心して夜間飛行。
か、どうか?
早朝4時頃からポツポツと雨が降ってきました。雨は降り続け、みんなは徐々にロケットから脱出し、歩道橋の下で雨宿り。他にも雨宿りにやってきた人たちが歩道橋の下へ集まりました。
冷い雨。
夜間飛行は雨により、予定より早く不時着しました。




0 件のコメント: