2009年7月2日木曜日

上智大学ミニシンポジウム「渋谷・宮下公園ナイキ化計画の何が問題なのか」

(※終了しました) **** 上智大学社会正義研究所ミニ・シンポジウム 「渋谷・宮下公園ナイキ化計画の何が問題なのか?」 にぎやかな渋谷の中心地にあって、緑あふれる市民の憩いの場―区立宮下公園。 その宮下公園がナイキ・ジャパン社の資金によって全面改修され、同社に公園の命名権も売却されようとしています。 「税金も使わず公園がきれいになって、区の収入も増えて、ホームレスもいなくなるのに何が問題なの?」 そう不思議に思っている人はいませんか? なぜ反対している人がいるのか、気になってはいませんか? 実はこの計画には、野宿者排除、公共空間の民営化、民主的プロセスの欠如、ナイキをはじめとする多国籍企業の問題など、新自由主義的な政治経済の下にある社会を象徴するような、様々な問題点が指摘されています。当ミニ・シンポでは、この問題に取り組んでこられた方々をお招きし、マスメディアでは報道されない現場の声をご紹介するとともに、当研究所の教員を交えて、皆さんと議論を深めたいと思います。奮ってご参加下さい。 7/9(木)17:15~19:30 上智大学中央図書館 L-921教室にて ■講師■ いちむらみさこさん(美術家) 小川てつオさん(246表現者会議) 植松青児さん(みんなの宮下公園をナイキ化から守る会) 黒岩大助さん(渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合-のじれん―) ■コメンテーター■ 中野晃一さん(上智大学国際教養学部准教授/社会正義研究所所員) 村井吉敬さん(早稲田大学アジア研究機構教授/社会正義研究所客員所員) ■入場無料 ■使用言語(日本語■主催 上智大学社会正義研究所 tel:03-3238-3023/fax:03-3238-3885 E-mail:i-socjus@sophia.ac.jp URL:http://www.info.sophia.ac.jp/social_justice/ *****

0 件のコメント: