Translate

2018年10月29日月曜日

10月25日(木)渋谷区にあれこれ質問してきました


渋谷区側の出席者:(写真左から)
公園プロジェクト推進担当・藁谷課長、
土木部管理課・吉武課長、
庁舎プロジェクト推進担当課・田山課長、
緑と水公園課・石川課長


朝11時、渋谷区の関係部署の役人がせいぞろいしたところで、まずは新宮下公園について苦情。「竹中工務店にお渡しした申し入れ書を三井不動産がつき返してきた。おかしいぞ」「建設ヤメロ」とあらためて申し入れを行い、工事の進捗状況をたずねると、藁谷課長「詳しくはワカンナイ」「見た感じ、いま床つくってるんじゃない?」、住民訴訟を起こされてることについても「特に意見はナイっす」と相変わらずヘラヘラした態度だった。

次に、年明け2019年1月に予定されている渋谷区役所のひっこしについて、田山課長に根掘り葉掘り質問。メインのひっこし作業は1月12~14日の三連休。第1庁舎は残し、生活福祉課はそのまま、第2庁舎などにある中央保健相談所を1庁に移す。第2・第3庁舎はリース会社に借りている(解体費用込み)、移転終了後に撤去となるが、年度を越えるかも。時期は決まっていない、との回答。
第2庁舎敷地の所有者・東京都との協議は「私はリース終了までの担当ですので」、美竹公園をどうするかについても公園課の石川課長が「まったくの白紙」「更地になってやがて返ってくるということしか分かっていない」と。まだ何も決まっていないのはおかしくないか?また隠してない?との質問に、「公園として元の敷地を確保しなければならないという事は、トップに確認しています」と回答。解体工事中もいまの美竹公園を存続するのか聞くと「それが出来るのが一番いいですね」「公園は当然使っていただけないといけない」「ただしどうしても安全を考慮して少し狭まるかも知れない」「公園全体を囲って工事、というのは現時点ではまったく考えていません」とのこと。
とはいっても約束破りは渋谷区の常套手段。これ以上公園を使えなくするのは絶対にやめてほしい、影響のない解体計画にしろ、これまでのようにいきなり工事を始めるとか絶対にナシだ、継続して話し合いをきちんと行なうよう、強く申し入れた。田山課長も「渋谷区全体にかかわることですので責任を持って伝えさせていただきます」とのこと。田山課長も石川課長も、藁谷課長に比べればそりゃあ丁寧ではあるものの、肝心なところでは自分は明言できる立場にナイからうんぬんと、なんとなく逃げ腰。しっかり頼みますよ!
ちなみに出来立てホヤホヤの渋谷区新区庁舎、19日付『都政新聞』によればいま世間を騒がせている「KYB問題」でなんと、KYB子会社が製造した免振ダンバー4本を使っていることが判明したようだ。「不適合かどうかは確認が必要」「速やかに安全に開庁できるよう、(KYBに)対応を求めていく」(庁舎建設室)らしい。ほんとに移転できるのか?
そして、土木部管理課長主管にちゃっかり昇進していた吉武課長に、美竹通り高架下にプランターが置かれ監視カメラが設置されたことについて質問。貴重な寝場所がまた奪われていることについて問うと、「福祉がきちんと対応した結果、場所が空いたのでプランターを設置して環境改善をしました」と、とうとうと述べる吉武課長。陽の当たらないところに花を植える理由は?枯れるだけだろうと言うと、「植物があった方が快適な歩行空間になるかなと思いまして~」とややシドロモドロ。プランターを置くのはよくて人は居ちゃいけないのか?排除プランターではないのか?撤去しろ!と徹底追及。「分かりました、次の質問は?」と、分かったのか分かってないのか分からない相変わらずのテキトウな対応だった。

ほか、神宮通公園の一向に始まらない植栽工事について、補植して緑を増やす、これから設計作業に入りますと石川課長。では、何で今まで囲っていたんだ?スカスカに刈り込んでおきながら今度は植える工事?これも野宿者排除ではないのか?掃除も手抜きしてないか?と追及、抗議した。
このかん明らかに渋谷の街中から公共スペースが削り取られてきているのは誰の目にも明らかです。あらためて交渉の場を持ち、しっかりと追及していきます。

2018年9月16日日曜日

公園はショッピングモールの屋上、その横にホテルだって!? 渋谷区、三井不動産による「新宮下公園等整備事業」に反対! 9.13ハチ公前情宣、雨ニモ負ケズやりました!

 渋谷区が三井不動産をパートナーに選び、2020年のオリンピック・パラリンピックの開催をもにらんで進めているのが「新宮下公園等整備事業」です。公園の商業施設化、持てる者による公園の私物化など認められません。いうまでもなく、公園はみんなのもの。さまざまな理由から住まいを失った野宿者の「避難場所」でもあるのです。

 渋谷区、三井不動産は「新宮下公園等整備事業」を即刻中止しなさい! これまで私たちは、渋谷区に三井不動産にこう訴えてきました。が、渋谷区も三井不動産も私たちの声に真しに耳をかたむけたことはありません。三井不動産に至っては、私たちの申し入れ書すら受け取らない始末です。

 そんななか、先月10日、渋谷区民、渋谷区議が原告となり渋谷区を相手取って「新宮下公園等整備事業」に異議を唱える住民訴訟を起こしました。この「事業」を始めるに当たり、渋谷区は三井不動産に、宮下公園の土地をそれはそれは安く貸し出しました。これを区民の損失額として計算すると、実に220億円にも上るとのこと。長谷部区長は責任を取るべし、と求める訴訟です。公園を野宿者はもちろん誰でも利用できる場所ではなくしてしまう「事業」である点についても、「地方自治法」などからハッキリ違法と主張していく訴訟でもあります。
 ほかにも、提訴というかたちではないにしろ、この「事業」に反対する渋谷区内のグループが新たに活動を開始したと聞きます
 そう、私たちの仲間が増えてきたのです!

 ハチ公前で情宣をしていると、若者からこんな声が寄せられました。「おれ、宮下(公園)大好きだったんすよ、みんなでたまれるし」「今、駅の近くの公園って美竹(公園)しかないじゃないすか、でもあそこせまくて…」 この若者は「しょうがないから、おれたちハチ公前でたまってんすよ」とも。また「36年渋谷に住んでる」という方は「渋谷区ってヒドいのよねえ、宮下公園の工事もダメよね、あなたたちガンバって!」とエールを送ってくださりました。

 私たちの居場所をうばうな! 宮下公園をかえせ! さらなるたたかいをともに!

(宮下公園ねる会議)

2018年9月14日金曜日

《 2018 渋谷秋まつり 》開催!

2018年9月15日(土)夕方 より20時まで
場所  美竹公園(渋谷駅から5分、明治通り→美竹交番・渋谷区仮庁舎隣接)

渋谷の野宿者・支援者のみんなでつくるお祭りです。お金がなくても楽しめる祭りをめざしています。

受付にて、「ミャア券」2枚つづり=100円
をご購入ください。アルミ缶15個でミャア券2枚と交換することもできます(3口=45個まで)

※缶ビール等、酒の持ち込みはご遠慮ください。飲酒は、実行委で用意する 焼酎水割り のみとします。どうしても他の酒を飲みたい方は、会場外にてお願いします。
※写真・動画の撮影は原則おことわりします。ご協力お願いします
※セーファー(より安全安心な場づくり)の取り組みを行なっています。受付にてチラシをお配りしますので、必ずお目通しをお願いします。
※インスタントコーヒー、現金カンパ、大歓迎です!
※雨天荒天、台風の場合は、翌週9月22日(土)に開催します。

主催・2018渋谷秋まつり実行委員会

TAKE BACK Miyashita Park!


2018年8月20日月曜日

渋谷区が宮下公園を時価の約2分の1で三井不動産に提供!?区民・区議が住民訴訟!

8月10日、渋谷区民と渋谷区議が新宮下公園等整備事業を進める渋谷区に対し、住民訴訟を提起し、司法記者クラブで会見を開いた。
2015年12月、渋谷区議会は、宮下公園の土地を30年間、三井不動産に貸し出す基本協定を可決した。賃貸料は三井不動産の提案額である235億2100万。一方、同年7月に行った渋谷区不動産鑑定は215億6200万円。鑑定額よりも提案額が高いというのが賃貸料の根拠だった。しかし、原告の話では、渋谷区不動産鑑定のうち、ホテル部分は鑑定業者に依頼しておらず、区職員による見積額だという。公園敷地を外すことでホテル建設をするのが、渋谷区の既定方針であった時期で、疑問の多い鑑定依頼である。また、公園をつくることが、三井に制約になるとして鑑定額は不当に低く抑えられているという
さらに、オリンピックを控え、同地は年率10%ほど地価が上昇しているにもかかわらず、定期借地権契約を三井不動産と締結した2017年6月において、渋谷区は約2年前の額を踏襲した。

そこで原告が新たに不動産鑑定してみたところ、驚愕の数字が出てきた。
447億4500万円。
三井不動産の提案額(定期借地料)との差額は219億9880万円になる。

その差額が渋谷区民の損失であるとして、原告は渋谷区長を訴えている。
また、宮下公園が行政財産から普通財産に合理的理由もなく変更された点、今回の事業で公園の価値が失われる点も裁判の争点にしている。公園の価値として、野宿者と支援者の活動拠点があることも原告は会見の中で述べていた。
渋谷区民の方は、「保育園などならまだ分かるが、ホテルは区民が使う施設とは違う。なぜ、そんなものを公園だった場所に作るのか。議会がまともに機能していないから、裁判で白黒つけるしかない」と憤っていた。弁護士は「PPPという手法は、税金を使わないからいいじゃないか、となりやすいが、議会にも市民にも情報が開示されない。そして、企業が大もうけをする」と制度の問題を指摘した。区議は「事業者の計画を進めることありきとしか思えない」と同計画を批判した。

裁判の行方を注視したい。
~~~~~
「公有地の大安売りだ」渋谷区を提訴~宮下公園再開発 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2294


2018年6月11日月曜日

5/31 宮下公園をかえせ!三井不動産抗議デモ 6/16月着工やめろ!宮下公園前抗議アクション



日本橋。三井不動産のビルが立ち並び、ピカピカの三井本社タワーがそびえたつ。その真ン前で「宮下公園をかえせ!野宿者差別を許さないぞ」とデモをやってきた。昼休みでランチに出かけるサラリーマンも買い物客もビックリだ。


デモの後、三井不動産本社に申入書を持っていったが、警備員軍団ががっちりブロックし商業施設部分にすら入れない。ならば取りに来い、ランチしながら待ってるぞと正面玄関前でどかっと座り込みメシを食った。イカ炒めに山盛りおしんこの、名付けて「三井タワー丼」を食らってやった。美味かったぞ!



そして翌6/1(金)は朝9じに集合し、宮下公園工事現場の前で「6月着工やめろ」と抗議アクション。明治通り沿いに長い布を広げ「公園で金もうけするな」と書いた新しい横断幕を制作、工事ゲート前にかかげて大々的にアピールしてやった。工事をやっている竹中工務店はコソコソ隠れて出てこない。ふざけた話だ。傍観してばかりの渋谷区公園課にも申入れをした。公園の重要な部分について何も決めずに着工するとは本当におかしな話だ。引き続き抗議していこう。


We don't want your NEW MIYASHITA PARK!




2018年5月24日木曜日

5/14 新宮下公園整備事業反対!三井不動産抗議行動ほうこく

 雨の日も風の日もカンカン照りの日もこの1年、毎月13日(たまに31日)、三井不動産に申入書を届けるため取り組んできた三井行動。申し入れ内容は「宮下公園の解体工事を中止せよ」というものだったが、その解体工事もすっかり終盤。三井不動産が「野宿者・支援者からの申し入れは受け取らない」と差別まるだしで受け取りを拒絶、郵送しても封も切らずに送り返す・住民説明会からも実力でシャットアウトなど強行姿勢で排除を繰り返したせいだ。宮下公園はすでにさらさらの更地にされ、この6月からとうとう巨大ショッピングモールと18階建て高層ホテルの建設に着工するというのだから、本当にふざけた話だ。いいかげんにしろ!これが申入書を受け取る最後のチャンスだぞ!ということで、5月14日(月)、東銀座の三井不動産アーバン事業部のあるビルへみんなで行ってきた。総勢20名。こちらは紳士的に受付に行こうとしているのに、ガードマンがまたしても私たちの行く手をさえぎり、自動ドアを締め切りにして通さない上、三井不動産担当者に引き継ぎすらしない。しょうがね~な~じゃあそっちから取りに来い、少しだけ待ってやるからと、門前にブルーシートを颯爽と広げ、みんなで座り込む。慌てて駆け寄ってくるガードマン。「三井不動産は申入書を受け取れ!」と次々とマイクを回して、ビルの外から話しかける。「座り込め~」と歌い出す仲間、「待つわ」のメロディを奏でる「もらい隊」、ついでに新曲の練習もしたりして、昼まで少々待ってやったものの、とうとう三井不動産担当者は出てこなかった。こちらの堪忍袋の緒も完全に切れた!というわけで、お昼どきの三井不動産前でビラまきとアピールを大々的にやり、次回は三井不動産本社に向け白昼堂々デモで訴えるぞと通告してこの日の行動を終えた。市民メディアの「アワプラネットTV」が取材に来て、その日のうちに記事にしてくれた。野宿者を排除して金儲けをしようとする三井不動産、許すまじ!

2018年5月20日日曜日

更地のままに宮下公園をつくろう!

1960年の宮下公園(*)
1953年、宮下公園は開園しました。
東京全土が破壊された戦争の直後、戦災復興計画の中で緑地計画がたてられました。
東京においては、周辺部を環状にとりまく広大な緑地と長さ150キロに及ぶ市街地を縦横に走る緑地帯からなる遠大な計画でした。
線路両側にも25mずつ緑地帯が計画されました。
残念ながら、緑地計画は予算や時勢の都合でほとんど実現することはありませんでしたが、その数少ない例外が、宮下公園であり、神宮通公園なのです。

宮下公園には、3千本の木が植えられ、ブランコや滑り台が整備されました。

1966年、五輪の都市再開発の中で、新日本石油系列の会社によって地面レベルを駐車場に、2階を公園にする改築が行われました。
交通地獄の到来が喧伝された中の出来事でしたが、当時においても民間企業の利益優先として厳しい批判がありました。

2011年、ナイキジャパンによって、公園の中にスケートボード場など有料スポーツ施設がつくられ、夜間は施錠されました。
渋谷区とナイキの契約について、適切な入札や議会の承認がない地方自治法違反と裁判所は指摘し、野宿者の排除については賠償を求めました。

2018年、三井不動産によって、5階だてショッピングモール屋上に公園をつくり、18階のホテルを併設する工事が始まろうとしています。
三井不動産も渋谷区も、これは公共工事ではない、とまで言い、利用者の声を聞こうとしません。

宮下公園の歴史は、公園の理念と有用性が後退していく歴史にほかなりません。
貧しくとも無料で憩える緑ゆたかな場所として計画された宮下公園は、今、三井不動産の工事によって根底から奪われようとしています。


戦後、闇市によって人々の生活をささえることから出発した渋谷の街は、現在、駅周辺を中心に乱立する巨大な商業ビルに威圧されようとしています。
それでも、街の魅力を路面店に求める人は多くいます。
そして、そのようなつながりの中に都市公園はあるべきであり、多少の遊具と豊かな緑があればそれだけで充分です。
公園を潰してビルを建てる手法は宮下公園にとどまらず全国に波及するかもしれません。


現在、宮下公園は解体され、更地の状態です。

公園本来のあり方を取り戻すために、また今後予想される大震災に備えて、地面の上に宮下公園を作るべきだと考えます。
再開発で息苦しさの増す渋谷の街に必要なのは、三井不動産の商業施設やホテルではありません。

今なら可能です!
宮下公園は更地のまま地面の上に!


*東京懐かしの昭和30年代散歩地図(実業之日本社2005年)より写真引用。撮影者不詳。

2018年5月8日火曜日

4月26日 公園課交渉の報告!

4月13日交渉で授けた宿題の回答を聞くために、4月26日に再び、緑と水・公園課と新宮下公園等事業についての交渉を持ちました。
今回は、新任の石川公園課課長と藁谷公園プロジェクト推進課長の二人が相手。
石川課長は世田谷区からの転任とのことで、主に藁谷課長が今回も回答しました。が、藁谷課長、予想をはるかに超えるとんでも発言を連発!

●三井不動産が新宮下公園は公共工事ではない、と言ったことについて
三井はそんなことは言っていないと言っている
では、公共工事だと認めたのか
そういうわけでもない
渋谷区として、どう考えているのか
厳密には公共事業ではない、民間に任せた事業、工事中は渋谷区の公園ではない

三井が言っていないとシラを切っているが、当日の録音でどっちが正しいか確認しようと迫ると慌てた様子。公園をつくる工事が、公共事業ではない、とは自治体としてのプライドがないのだろうか。公共事業だからこそ、議会で議決もし予算もつけているのだろう。誰が聞いてもおかしな話だ。

●三井不動産が野宿者・支援者の申入書を受け取らないと言っていることについて
権利関係者の申し入れしか受け付けないと三井は言っている、会社の方針だから仕方がない
事業に対しての意見をする窓口がどこにあるのか
今は公園ではないから、受け付ける窓口はない

窓口がない、との開き直りには呆れた。PPP事業というのは利用者や区民を無視する手法だと開き直ったに等しい。しかも、前任者が渋谷区としては申し入れを受け付けると明言したことさえ翻している。こんな事業、とうてい認めることはできない。

三井不動産との打ち合わせなども情報公開できるように文書として残していただきたい
三井は文書を残しているのでは。竣工後に文書をもらえると思う
それでは遅い。なぜ区として文書を作成しないのか
そんなこと普通しない

事業計画はいつの間にか変更を重ねている(ホテルが1階増えたり、駐車場スペースが増えたり)。手続きや経過の透明性、正当性を担保するために、文書を残し情報を公開するのは当たり前のこと。藁谷課長は、新宮下公園のための課長なのだから、責任をもって任を果たすべき。改めて、追求した結果、この件については善処するそぶりを見せた。

三井不動産のやりたい放題に渋谷区は意見するどころか、追認するばかり。よっぽど三井が怖いのか?との声も交渉の中であがりました。おかしなことだらけの新宮下公園等事業。野宿者追い出しから工事が始まったことを私たちは忘れてはいません。6月から始まる新築工事に向けて抗議の声をぶつけていきましょう

●5月14日(月)10時美竹公園 または 11時築地うねめ橋公園集合
三井不動産抗議行動!ぜひご参集ください

●5月31日(木)宮下公園をかえせ!三井不動産抗議デモ
11時常盤公園(常盤橋公園ではありませんので、おまちがえなく!) 12時デモ出発
(常盤公園はJR「神田」駅南口、JR「新日本橋」駅2番出口、東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅A8出口からいずれも徒歩5分程度)