2017年5月13日土曜日

5月11日内閣委員会で宮下公園野宿生活者排除問題を山本太郎氏が追及しました

5月11日内閣委員会で山本太郎参議院議員が「東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会開催国としての生活困窮者支援の在り方に関する件等について」として宮下公園の3月27日強制封鎖と野宿生活者排除について、丸川珠代オリパラ担当大臣に対して厳しく追及した。
利用者に対する告知もなく公園を閉鎖したことは説明責任を果たしておらず、野宿生活者を排除した件については残念でオリンピック開催国としてふさわしくない、渋谷区長はダイバーシティといっているが言っていることとやっていることがちがうなど、山本氏は追及し、今後このようなことがないように通達をだしていただけないかと質問した。

丸川大臣は、渋谷区に改めておうかがいする、と調査をすることを約束した。

動画は以下より参議院中継サイトより、該当事項を入力のこと。
参議院インターネット中継

*詳細なやりとりは山本太郎氏のブログなどに報告があると思います。

国連ハビダットへの報告者(団体)が長谷部区長に要望書提出

長谷部区長

私たちハビタットインターナショナル連合居住権・土地権ネットワーク(the Housing and Land Rights Network of Habitat International Coalition)では、あなたの管理下において最近、渋谷区宮下公園のホームレスが退去させられ所有物が奪われる不幸な出来事について知るにいたりました。私たちと構成団体は、40年前に当団体が設立されて以来、より長い期間にわたってオリンピック主催準備のために開催都市とその行政が強制退去を行うことが恒例化してきたことも知っています。東京オリンピック計画のために、都は現在、都市貧困層の扱いに関して世界的な精査の対象となっておりますが、宮下公園での強制退去の後はそれが強まるでしょう。

以前の報告では、自治体当局はこれまで退去措置を控え、開発計画について話し合いに取り組むと以前は約束していたとのことです。私たちは既にそのような約束が破られたことを認知しており、東京の公務員の信用は大きく損なわれました。

自治体当局として、あなたとあなたの部下は重大な人権侵害としての強制退去を控える条約上の義務を負っていることにご留意ください。合法的なものであれ、退去は国際法に規定された最小限の基準と条件の下、最後の手段としてのみ執り行なわれなければなりません。その義務は、国内法に規定がない場合でも有効なものです。

特に、東京の宮下公園での最近の出来事に見られる貧困市民の扱いによって、渋谷区はオリンピックの連帯とフェアプレイの精神と原則ともその公共制度が従う人権規範とも相容れない評判を高めつつあります。

あなたが御管轄下ですべての退去を停止し、あなたの管理下に行われた今回の重大な侵害に既に遭った人々に賠償しようと努力されることを切望しております。

敬具

ジョセフ・スケクラ
コーディネーター
ハビタットインターナショナル連合
居住権・土地権ネットワーク
********(以下原文)
Dear Mayor Hasabe:

We at the Housing and Land Rights Network of Habitat International Coalition have learned of the unfortunate recent evictions and dispossession of homeless people under your administration at Miyashita Park in Shibuya Ward. We and our constituents also have learned over the longer period since our establishment 40 years ago how cities and their administrations have established a pattern of committing forced evictions in preparations to host the Olympic Games. Because of Tokyo’s Olympic plans, the city is currently under close global scrutiny for its treatment of the urban poor, and will even more so after the forced evictions at Miyashita Park.

Previous report have claimed that local authorities previously promised to refrain from evictions, instead to engage in consultations over development plans. We already have seen such promises dishonored, severely diminishing the credibility of public servants in Tokyo.

Please know that, as local government authority, you and your staff bear a treaty-bound obligation to refrain from forced evictions as a gross violation of human rights. Evictions, if ever lawful, must be conducted only as a last resort and under the minimum standards and conditions provided in international law. That obligation prevails even in the case where national legislation is silent.

With the treatment of poor citizens as shown in the recent events at Miyashita Park, Tokyo, in particular, Shibuya Ward is developing a reputation inconsistent with human rights norms to which its public institutions are bound, as well as with the Olympic spirit and principles of solidarity and fair play.

We look forward to learning about your efforts to cease all forced evictions within your jurisdiction and to extend reparation to those already subject to this gross violation carried out under your administration.

Sincerely,

Joseph Schechla جوزيف شكلا  Coordinator منسّق
Housing and Land Rights Network
Habitat International Coalition

2017年4月24日月曜日

4月25日(火) 11時半~国会で宮下公園問題、質問!

山添拓参議院議員(共産)が国会の国交委員会で、宮下公園や上野公園の整備・開発問題を取り上げる予定です。

日時:4/25(火) 11時半〜(15分間)
テーマ:「利益優先の都市公園整備の問題について」
https://twitter.com/yamazoejimusyo/status/856345547522822144

山添拓議員ブログ 宮下公園閉鎖、誰のための公園か
http://www.yamazoetaku.com/blog_blog/2324






2017年4月19日水曜日

Protesta contra el cierre del parque Miyashita Shibuya!!!

Como uno de los símbolos de la cultura popular japonesa se encuentra el cruce de Shibuya 'Shibuya Crossing',
recientemente famoso por películas como 'Resident Evil IV' y en el pasado asociado a Fujiyama-Geisha,
situado a solo unos metros del cruce se encuentra la lucha de clases en el parque Miyashita.
Desde el 27 de marzo del 2017 el parque fue totalmente cerrado por las autoridades de Shibuya-ku,
incluso recomendando la privatización, las personas sin hogar que se encontraban ahí también han
sido eliminados y desalojados.


Reprobamos y protestamos contra estas acciones.


Detalles de la situación se han traducido al Inglés, por favor lea si le interesa.
http://minnanokouenn.blogspot.jp/2017/04/urgent-statement-of-protest-against.html

4月6日渋谷区都市計画審議会(都計審)レポート



4月6日13時から渋谷区商工会館で開かれた都計審。前回の2月17日都計審では継続審議という一定の良識を示しました。審議会を否定するような3月27日の公園閉鎖強行を踏まえて、自身の存在意義をかけた毅然とした答申を行うことが期待されていました。

私たちは商工会館入り口付近で抗議声明を開会前に配布し、マイクアピールを行いました。チラシは多くの人が受け取ってくれました。大会議室のある2階に上がってみると、渋谷区は番号をふったイスに希望者を座らせて、傍聴券の融通を取り締まる警戒ぶり。傍聴希望者は51名。一方で傍聴枠は前回と同じ15名。前回は約40名が傍聴を希望し、半数以上が入室できませんでした。全員傍聴できるようにすること、それだけの席を準備できない場合インターネットなどで同時中継すること、などを求める区民からの要望が出されていました。突然の公園封鎖、野宿者追い出し直後であり、都計審に対して社会的な注目が高まっているのは予想できたはずです。抽選後、全員いれるようにとの抗議の声が当落問わず湧き上がり会場前は騒然となりました。300名の会場には余裕があり、そもそも抽選をする理由がありません。公開性や社会的要求よりも過剰な管理的姿勢で反対の声を未然に抑圧しようという審議会の姿勢は、今回の公園封鎖と相似しており、開会前から答申内容に期待が持てないことを示しているようでした。渋谷区職員が、会長が次回から検討するが今回は15名、と告げると、会長が決定できるなら今すぐ枠をひろげろ、立ち見でもかまわない、会長が出てきて説明しろ、など怒りの声がうずまきました。会長は出てくることもなく、審議会が開催できないから傍聴人は会場に入ってください、入らない人は放棄したとみなします、と職員が恫喝。ドアは開けとけ、とがんばる方もいましたが、渋谷区の強圧的なやり方の中で審議会は15分以上遅れて始まりました。

始まりましたが、傍聴人に対する資料は3人に1つ、持ち帰りや撮影を禁止と傍聴人の便宜や情報公開への配慮のなさは変わりません。冒頭で、前回審議会意見に対する公園課の説明がなされました。階段の途中に踊り場的空間を設けることで高さを感じさせない、などの説得力にかける提案でした。あとは、駐車場の出入り口は美竹通りに集中させるという話くらいが目新しいことでした。

質疑になると、治田議員(民進)が都市計画決定前に公園封鎖をしたことを批判しながら、警備員契約から封鎖計画について追及しました。

治田議員が「宮下公園供用停止はいつ決まったのか」と聞くと公園課・吉武課長「3月27日に決定」。治田議員が「準備を始めたのはいつか?」と聞いても吉武課長は「3月27日に決定」。いつ警備会社と契約しいつ封鎖を決めたのか?と聞くと吉武課長は「ホームレスの方が25人いたが27日にハウジングファーストで入居済み。しかし支援団体が妨害するので27日に決定し作業を行った」とはぐらかしました。治田議員がたまりかねて「質問したことに答えてほしい。準備はいつ決めたのか?」と聞くと吉武課長は「準備が整ったので供用停止。準備作業は、この都市計画とは関係なく行なったもの」。治田議員が「関係なくはないでしょう。都市計画決定がされないと工事がすすめられない」と当然の指摘をして「警備員の契約はいつ?」と詰めると、形勢不利と見たのか丸山議員(自民)が露骨に介入。「準備作業は必要だった、宮下公園の使われ方は異常だった。不法に占拠されている公園があった」等と言い出し、傍聴席から批判に対しては「傍聴人は黙れ!!」とシャウト。一体、何様のつもりでしょうか。しかも、会長は丸山発言をたしなめるでもなく「傍聴人の方お静かにお願いします」。丸山議員は「傍聴人と議論するつもりはない」と発言を撤回するそぶりもありません。渋谷議会のひどさは仄聞しますが、こういう御仁が大きな顔しているのでは改善する見込みはないでしょう。さらに、丸山議員は「これは準備行為で、三井と基本協定を結んでいるのだから区があずかり知らない話。ガードマンは区が直接雇ったわけではないでしょ」とトンチンカンな助け舟を渋谷区に出しました。区が発注したに決まっているだろうが、と傍聴席からは失笑。そんな泥舟に添乗した形の土木清掃部部長はさすがに困惑気味に「準備行為自体は私たちと三井の話し合い」と丸山船長をフォローしましたが、「警備員の契約については1227日か28日」と言わざるをえなくなりました。切れ者で知られる土木部長の周章ぶりは、後日の情報公開によれば警備員契約は1月19日で答弁が過ちだったことからも伺われます。

治田議員の追及は丸山議員の妨害に負けずに続きました。治田議員「議会にも報告もない、突然供用停止。最終的に27日にくるという判断をしたのはいつ?」に対して、大沢部長「当日の朝」。治田議員が「警備員を呼んだのは当日の朝なのか」と問うと大沢部長は「公園閉鎖は27日、8時半過ぎに決めた」とまだ、ごまかしました。治田議員の「区長が閉鎖を決めてから警備会社に連絡したのか、警備員60名くらいいたと思うが?」に対して、大沢部長「当日は待機していた警備員に8時52分ころ出動の指示をした」。治田議員、「待機をさせたのはいつなのですか。供用停止を決定したのがいつなのかはっきりさせてください」と問うと大沢部長「誤解があるようですが、準備はいろいろやっていたが、すべての準備はそのとおりにやるのか決めずにおりまして、当日の朝、決定した」と答えました。結局、公園封鎖計画について明らかにされたことはこれだけでした。治田議員は「手続き上、順序として都市計画が決まっていない時に公園・駐車場を供用停止したのは間違っていると思います」と意見しました。

治田議員の熱意ある追及によって少しだけ重い口を開きましたが、渋谷区の理事たち(役人たち)は、秘密裏に進めた公園封鎖の不当性が露呈することを異様に怖れているようです。なお、ここでの渋谷区発言に関連することですが、警備員業務委託契約書などの資料から分かることについては、別エントリーにて論じます。

今回の審議会において意味があったのは、あとは牛尾議員(共産)の質問だけでした。

牛尾議員の質問は、通常家屋にすれば5階にもあたる17メートルという公園の高さの見直しを迫るとともに、公園地盤面の開口部(階段の接地、吹き抜け等)が都市計画上の公園面積に含まれるのか、含まれるならば都市計画上問題ではないか、という鋭い着眼でした。公園課は階段部分について公園ではないことを認めながらも、開口部については「フラットなものとして考える。吹き抜けとされる部分も公園面積に入れられる」と回答しました。

また、牛尾議員の質問の中で、三井不動産の当初提案は公園がもっと高く作られる(つまり、商業施設が高い)ものだったことが言及されていました。三井不動産が金儲けしか考えていないことを改めて印象づけられたエピソードでした。牛尾議員も「私は明確に反対している」と発言を締めくくりました。後の発言者は、オーロラビジョンを作って欲しいとか、思想のある公園だとか、自らの審議員としての矜持を欠落した微温的なことを形式的に言うだけで、審議会の存在の疑義を深めるばかりでした。

そして、古株である染谷議員(自民)の「ややこしいことを言っているけど、目黒の天空公園に行ったらびっくりする。まぁ、いろんなこと聞いてあげて、いいアイデアがでたら取り上げるということにしてくださいよ。要望します」という無内容の発言が合図であるかのように、会長が唐突にまとめに入りました。

「たくさんの意見ありがとうござました。どちらかといえば事業内容についての意見が多かったようでありますけど、議題の都市計画につきましては、一部反対意見もありましたが、その他特段の異論がないようですので、議題次第については案文のとおり承認しますということで答申といたします」

明確に反対している審議員はいましたが、明確に賛成すると発言した人はいなかったにもかかわらず、採決もなく会長の一任でした。結論ありきがミエミエの議事進行。いわゆる賛成派に緊張感が欠如していたのは、そのためだったのではないでしょうか。傍聴席からは、非難の声が巻き起こったのは言うまでもありません。公園のことを真剣に考えているのが、傍聴できないことに怒りをぶつけていた傍聴人たちの方であるのは明らかでしょう。

公園を人々の手に取り戻そう!

2017年4月12日水曜日

4月13日(木)宮下公園3/27-28弾圧 勾留理由開示公判

いよいよ!大結集を!
4月13日(木)宮下公園3/27-28弾圧 勾留理由開示公判
オリンピック弾圧おことわり救援会 http://oidashisuruna.blogspot.jp/

いよいよ、来たる4月13日(木)、宮下公園3/27-28弾圧で不当逮捕され渋谷署に勾留されているDさん、原宿署に勾留中のEさん、二人の勾留理由開示公判が開かれます。午前・午後の二本立てです。気鋭揃いの弁護士による「求釈明」、そしてDさん、Eさんが法廷に立ち「意見陳述」を行ないます。宮下公園強制封鎖から早くも2週間以上経過しましたが、一向に工事が始まる気配ナシ。野宿者がいるから公園を抜き打ち封鎖したと公言して憚らない渋谷区。公判では、長谷部健区長が推進する「シブヤ・ダイバーシティ」の実態がおのずと明らかになるでしょう。久々に二人に会える貴重な機会です。傍聴席をいっぱいにして二人を励ましたいと思います。大・大・大結集のほど、よろしくお願い
いたします!


【宮下公園3/27-28弾圧 勾留理由開示公判】

2017年 4月 13日(木) 東京地裁
アクセス  霞ヶ関駅、桜田門駅ほか
http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/index.html

朝 10:00 東京地裁 正門前 ビラまき情宣

Dさん(渋谷署留置)の勾留理由開示公判
10:20 傍聴券配布
10:30 抽選
11:00 開廷 東京地裁 430号法廷

15:00 再集合 東京地裁 正門前 ビラまき情宣

Eさん(原宿署留置)の勾留理由開示公判
15:35 傍聴券配布
15:45 抽選
16:15 開廷   東京地裁 430号法廷

* 可能なかぎり集合時間にお越しください。傍聴についてご説明します。430号法廷はいわゆる「警備法廷」で、約20人しか傍聴に入れません。さらに手荷物検査・身体検査あり。おかしいぞ!

* 救援カンパによるご支援、引き続きよろしくお願い申し上げます。
みずほ銀行渋谷支店(普)9095210 「のじれん」

郵便振替口座 00160-1-33429 「渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合」
※「救援」の旨明記ください。
※ 明記が難しい場合、カンパ額の一桁目を「9円」にしていただくとたすかります。例)1009円


【声明、報道ほか】

3.27-28宮下公園弾圧 緊急抗議声明 : 宮下公園全面封鎖、野宿者排除にともなう2日連続の不当逮捕を許さない!(オリンピック弾圧おことわり救援会)
http://oidashisuruna.blogspot.jp/2017/04/3.html

渋谷区立宮下公園の全面封鎖に対する緊急抗議声明
(宮下公園ねる会議、夜間施錠よなよな阻止行動、2016-2017渋谷越年越冬闘争実行委員会、みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会、渋谷・野宿者の生存と生活をかちとる自由連合)
http://minnanokouenn.blogspot.jp/2017/03/blog-post_31.html

Urgent statement of protest against the total enclosure of Miyashita Park in Shibuya Ward
http://minnanokouenn.blogspot.jp/2017/04/urgent-statement-of-protest-against.html

Appel urgent contre la fermeture du Parc Miyashita de Shibuya, Tokyo
http://minnanokouenn.blogspot.jp/2017/04/appel-urgent-contre-la-fermeture-du.html

2020年オリンピック・パラリンピックに向けた再開発のための宮下公園強制封鎖、野宿者排除に抗議します。(反五輪の会 NO OLYMPICS 2020)
https://hangorin.tumblr.com/post/159327118186/2020

宮下公園全面封鎖についての渋谷区プレスリリース「宮下公園の供用停止につきまして」全文批判!(みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会)
http://minnanokouenn.blogspot.jp/2017/04/blog-post.html

田中龍作ジャーナル/宮下公園に商業ビル建設 渋谷区が警察大量投入し強制封鎖
http://tanakaryusaku.jp/2017/03/00015582
田中龍作ジャーナル/沖縄で起きたことが本土でも起きた 次はあなたが・・・
http://tanakaryusaku.jp/2017/03/00015596
田中龍作ジャーナル/渋谷区宮下公園 審議会の答申ないまま商業ビル建設着工
http://tanakaryusaku.jp/2017/04/00015615

ロイター通信/Three people removed from Tokyo park at center of construction protest
http://www.reuters.com/article/us-olympics-tokyo-homeless-idUSKBN16Y1GE

東京新聞/野宿者残ったまま突如の封鎖 宮下公園再開発で渋谷区
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201703/CK2017032802000113.html