2011年5月1日日曜日

救援会からの声明が届きました

「救援会声明」

 4月30日、ナイキジャパンと渋谷区のネーミングライツ基本協定に基づくナイキパーク=みやしたこうえん(ひらがな表記)がオープンしたその日に二名の仲間が「軽犯罪法違反」と「公務執行妨害」の容疑でそれぞれ逮捕されるという事件が起りました。

 数名の友人達と公園内にいたAさんは、17時40分頃、「軽犯罪法違反」の言いがかりを付けられた上に20名近くの公安警察によって取り囲まれてしまいました。そして18時過ぎに、駆けつけた仲間たちの目の前で身体を引きずられるようにして公園の外に運び出され、そのまま逮捕されてしまいました。一方でB さんはAさんを警察から助け出そうとした際に「公務執行妨害」の容疑をでっちあげられ逮捕されました。Bさんは「みやしたこうえん」のあり方と夜間施錠に対する「みんなの宮下公園をナイキ化計
画から守る会(守る会)」の抗議行動に参加していました。BさんはAさんを助けようとする中で警察から手指の骨にひびの入る暴行を受け、また複数の仲間が足の骨にひびが入るなどの怪我を負いました。

 この日の午前11時、「みやしたこうえん」の「オープニングセレモニー」がフェンス封鎖された公園の中で大勢の警察官に守られる形で行なわれました。渋谷区は「(セレモニー)参加者を限定して行なう」とし、一般利用者はおろかマスメディアの取材要請も断り、完全に閉ざされた空間で式典を終えました。12時からのリニューアルオープンでは、守る会の参加者に対しては警察を動員して閉め出し、一部公園に入った仲間たちに対しても身体捜索を強要するなど公園利用に不当な制限を加えました。

 このような公共空間とはほど遠い場所となった「みやしたこうえん」において二人の仲間が不当にも逮捕されたのです。Aさんは当日の深夜に釈放されましたが、Bさんは身柄を拘束されたままです。

 私たち「4.30『みやしたこうえん』弾圧救援対策会議」は、仲間の即時釈放を求め、渋谷区・ナイキジャパンと一体となった警察権力の暴力を徹底して弾劾していきます。

2011年5月1日          4.30「みやしたこうえん」弾圧救援対策会議



「救援対策会議からのお願い」

不当逮捕された仲間を支え、警察権力の不当性を撃つため、連帯・賛同メッセージを寄せてください。皆さんからの声が、仲間を一刻も早く取戻すための確かな社会的力になります。

●お名前(個人/団体)
●メッセージ

※お名前・メッセージの公表の可/不可をお書き添えの上、以下のメールアドレス(ファックス番号)までお送りください。

メールアドレス:contact@430miyashita.org
ファックス番号:03-3406-5254

救援対策会議では弾圧を受けた仲間を支え、いちはやく釈放させるための活動をしています。差し入れ、面会、弁護士の手配などにお金が必要です。まことに心苦しい限りですが、救援対策会議にカンパを寄せて下さい。よろしくお願いします。
※振込の際に「0430カンパ」等、お書き添えください。

銀行名:郵便振替口座
口座番号:00160-1-33429「0430カンパ」

1 件のコメント:

Yanagihara さんのコメント...

二名逮捕について別の記事やYoutubeに投稿された動画を拝見しましたが、どう考えても不当ではありません
まずはAさんですが、無許可でステッカーを貼る行為は立派な軽犯罪法違反です
確かに「ステッカー如きで・・・」とは自分自身も思いますが、それでも違法は違法なのです。逮捕されても仕方はないでしょう
Bさんに関しても逮捕されて当然です
「警察から助けようとした」
これの裏を返せば、警察の逮捕を阻止しようとした、すなわち警察が逮捕しようとするのを妨害したということですよね?
逮捕されて当然でしょう
自分自身、この改装工事については賛成とも反対とも言えませんが、行動については十分に注意していただかないと本末転倒です。