2011年5月9日月曜日

4月30日のピクニック行動報告

11時前に、オープニングセレモニーへの抗議とナイキジャパンや区長との話し合いを求めて50名ほどで、「みやしたこうえん」に行く。まだ、すべての出入り口をフェンスで封鎖している。その前に警察官がズラリと並ぶ。完璧に封鎖状態(マスコミも排除)で、セレモニーは行われている。おなじみの渋谷区の植木基盤整備副参事や中山環境保全課長の姿も見える。セレモニーに対して抗議。公園に入れないので歩道でピクニックも始める。敷物をひいてお弁当を広げたり、お茶を飲んだり。 オープン予定の12時をすぎてからフェンスを少しだけ開き、スケボーを持った来園者は入れるが、私たちには、「プラカードを仕舞わないと入れない」「メッセージを隠さないと入れない」など渋谷区の役人と警官が入場を阻止する。手ぶらで入ろうとした参加者に対しても、身体検査、荷物検査をした。あまりの対応のひどさに、いったん引き上げることにする。
再び18時頃、夜間施錠に抗議するピクニックをするために60名で再び、「みやしたこうえん」に行く。やはり、警察官がずらりと並んでいる。今回は、プラカードなどは仕舞っていたため、渋谷区の役人もさすがに何も言えない。門の内側でピクニックを始めてすぐに、あたりに緊迫感が走った。大階段を手足を捕捉された人が運ばれていく。公園内にステッカーを貼って不当に警察官に詰問されていた人が逮捕されたらしい。当然、多くの参加者が抗議をして騒然とした中で、さらに、不当逮捕が行われた。また、警察官の暴力によって、負傷するものが出た。この不当な状況に乗じて、渋谷区は、公園を18時30分に平然と閉門した。 この件に関する私たちからの抗議声明を現在準備中です。

0 件のコメント: