2010年5月20日木曜日

福岡にて「宮下NIKEパーク」問題についてイベントあり

【詳報】5/22土 Urban Potlatch 1(アートアクティヴィズム・ワークショップご案内)

第一回 2010年5月22日(土)
「公園をめぐる想像力:アートと公共性、そしてコモンなるものについて」

ファシリテーター:江上 賢一郎(アーバンアート・文化人類学研究)

*プロフィール
江上 賢一郎 (Egami Kenichiro)
2009年 ロンドン大学ゴールドスミス校文化人類学修士課程修了
現在 福岡在住

東京、渋谷の街中に宮下公園という小さな公園があります。去年の暮れより、この公園は、ナイキと渋谷区による私営の「ナイキ公園」化計画の建設予定地として、その存続の是非を問われ続けています。そして、今年3月にナイキ公園化に反対するアーティストや活動家たちが、宮下公園に住み込んで「アーティストレジデンス・イン・宮下」運動を展開させ、渋谷区による公園封鎖を阻止すると同時に、「公園と何か?」という問いかけとともに、あたらしい公共性についての実践を行っています。

この日本版スクワット運動は、野宿者の人たちへの排除の問題や、一私企業が公共の場を占有する社会的暴力の問題を提起すると同時に、「開かれた公園を」という反対運動の理想と住み込んでの運動に関わる人たちが直面している様々な困難も同時に浮かび上がらせ、今の宮下公園が内包する社会的な問いの多層性、複合性を表しています。
(以下略)

内容についてのお問い合わせ
電話:080-1765-6826
メールアドレス:egaken68@hotmail.com

詳細はhttp://ohazkikaku.blogspot.com/
時間 2010年5月22日(土曜)19:30~
場所 〒810-0041 
福岡市中央区大名1-14-28
第1松村ビル「紺屋2023」
#306 ART BASE 88

0 件のコメント: