2008年7月23日水曜日

第一回 夏まつり実行委員会 議事録

2008/07/18「夏まつり実行委員会」第1回会議 ■夏まつり 従来の夏まつり・・・炊き出し、屋台、コンサート、アルミ缶つぶし競争、カラオケ、将棋コーナー、盆踊りなど。野宿者はアルミ缶を持ってきて、屋台券と交換。 今年は: ・ブース形式で、誰でも参加できる自由な空気を。同時進行でいろんな人がいろんなことをやっているイメージ。ワークショップ、屋台、展示、コンサートなど。 ・今までの野宿者中心の夏まつりをベースにしつつ、渋谷区民を始め広く参加を呼びかける。 ・日本銀行券を使わない、宮下の通貨、物々交換で成り立つ空間。 ・簡易ステージをつくる。演奏ができて、映像が流せるような舞台。 ・音楽イベント一辺倒ではなく、メインの時間帯には宮下公園の問題を中心とした、あるいは仲間が中心になった何か(リレートークなど)を行う。 ・宮下公園のナイキ化問題が分かる展示パネルを作成。 ・ナイキ本社前行動のビデオを編集。 ・大阪・長居公園の「大輪まつり」や強制代執行に対する芝居による抵抗の映像を紹介。 まつりのコンセプト案 ・「公園はみんなのもの」 ・実行委の「Keep It Miyashita」よりも広いキャッチコピーを。 ・視覚的に訴えるため、横断幕や宮下の通貨に入れる? →夏まつり実行委呼びかけビラを作成。広範に呼びかけを。 ■次回予定 7月25日(金) 20時~21時 夏まつり実行委員会 会議 東京都児童会館入り口前 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/jidou/shisetsu/riyou.html

0 件のコメント: