Translate

2022年11月24日木曜日

11月17日 美竹公園のテント・荷物に除却のための「弁明機会付与通知」


わたしたちは、渋谷区公園課に対して話し合いを持つように強く働きかけてきた。
また、公園課の担当者(井上主査)は、私たちと井戸田課長との話し合いのため日程調整をすると言明してきた(注)。
しかし、公園課が話し合いを先延ばしにしている最中の11月17日18時30分、井上主査など公園課職員7,8名が美竹公園に来訪し、「弁明機会付与の通知書」をテントや荷物に貼った。

弁明機会の付与は、行政が不利益を与える処分する際に必要となる、法的な手続きだ。今回の場合は、テントや荷物を撤去しろという命令に対しての弁明機会となる。しかし、これは撤去に向けたステップに過ぎず、次には(都市公園法を根拠とした)除却命令が発せられ、それに従わない場合は、対象者の代わりに行政が荷物を撤去する、行政代執行のプロセスに入ることになる。つまり、弁明機会の付与から代執行(強制排除)までは、行政にとって既定の流れであり、弁明機会の付与こそが強制排除の入口となるものだ。
各地の事例によれば、弁明機会の付与から代執行までは、早ければ1ヶ月くらいしかない。渋谷区は、年末までには代執行を予定しているものと思われる。

それにしても、10月28日発表の区の公報で、10月25日の公園閉鎖について「このたびの公園の利用禁止は、公園内にいる方々を排除することを目的としたものではございません」「区では、引き続き、福祉的アプローチを行ってまいります」と白々しい物言いをした舌の根も乾かないうちに、平然と強制排除の手続きを始めるとは、渋谷区はどこまで、野宿者をコケにするつもりか?
しかも、話し合いを引き延ばしたあげくのだまし討ちである。

渋谷区は、強制排除を2度とするな。
渋谷区は、行政代執行へのプロセスを今すぐ中止しろ。

長谷部健区長ひきいる渋谷区に対し、あらゆる機会に抗議の声を届けていただきたい。

---------
長谷部健区長・渋谷区総務部総務課(石井道久統括課長・参事)-区長への意見、人権問題
、ダイバーシティ推進
03-3464-3395
渋谷区土木部公園課(井戸田智司課長)
03-3463-2888
まちづくり推進部まちづくり3課(安松真理子課長)-渋谷一丁目地区共同開発事業担当
03-3463-2628
---------
(注)近日、渋谷区公園課と以下のようなやりとりがあった。

10月31日(月) 井上主査から、11月2日13時から話し合いをしたい、と電話
11月1日(火) 井上主査から、井戸田課長が体調不良のため明日の話し合いをキャンセルしたい、と電話
11月7日(月) ねる会議から、井上主査に話し合いの日程を今週中に連絡するように電話
11月11日(金) 連絡がないので改めて井上主査に電話。井上主査から、話し合いの日程について、来週前半なら明日午前中、再来週なら来週電話する、とのこと
11月12日(土) 井上主査から、来週では都合がつかない、調整して、また週明けに連絡する、と電話
11月17日(木) 井上主査らが弁明機会の付与通知書を美竹公園に持参

2022年11月20日日曜日

〈緊急要望書〉 私たちは代替地を要求する。それがなければ、ここから動かない

長谷部健 渋谷区長
小池百合子 東京都知事
前田隆也 ヒューリック社長
井上和幸 清水建設社長

緊急要望書

私たちは代替地を要求する。それがなければ、ここから動かない


2022年11月17日、渋谷区は、区立美竹公園のテント・荷物の強制排除(行政代執行)への手続きを始めた。言うまでもなく、これは、野宿者の生活を破壊し、奪うものである。
美竹公園を含む「渋谷一丁目地区共同開発事業」を実施する、渋谷区・東京都・ヒューリック・清水建設に対して、以下要望する。

1,強制排除(行政代執行)の手続きに入ることを中止して、ただちに私たちと話し合いを行ってください

2,公園などの社会的資源を活用して、美竹公園テント住人の現在の生活が維持できる代替地を提示してください

3,不当に不当を重ねる、渋谷一丁目地区共同開発事業を見直してください

2022年11月20日
美竹公園テント住人 ねる会議 リトル宮下ガーデン

2022年11月8日火曜日

渋谷区が10月28日に発表した公報に反論する

渋谷区は10月25日につづき、28日にも美竹公園などの封鎖に関する公報(注1)を発出した。同じテーマについて短期間に3回も公報を出すのは異例のことだ。社会的な注目が集まり、渋谷区が焦って誤魔化そうとしていることが伝わってくる。しかし、事実は事実であり、渋谷区が非道であったことに変わりはない。

渋谷区は、25日公報ではシェルターに3名を「案内」したと記すのみであったが、28日公報は2名が福祉施策を受けた(つまり1名は受けなかった)ことを書いている。25日公報では、公園内に1名しかいないように読めたが、28日公報では4名が起居していると書いている。多少事実に近づいたようだが、早朝に仕事に出かけた(もちろん声がけなど出来るはずがない)2名の野宿者がいたことなど、区にとって伏せたい重大な事実には触れようとしていない。

渋谷区は10月25日、旧第二美竹分庁舎も閉鎖したが、その理由をワクチン接種会場が終了したこと及び防犯上の観点としか記していない。しかし、旧第二美竹分庁舎は、美竹公園同様、〈渋谷一丁目共同開発〉の事業敷地であり、本質的な閉鎖理由はそこにある。旧第二美竹分庁舎はプレハブでなく本建築であり、開発計画がなければ、まだまだ利用可能なはずだ。
大きなピロティを持つ同庁舎は野宿者にとって雨雪がしのげる数少ない場所でもあり、2017年宮下公園閉鎖・強制排除からの様々な経緯の中で、ねる会議の毛布倉庫などが置いてあった。また、(隣接する児童会館跡地に建てられた)第二仮庁舎のスロープ下から排除された野宿者の小屋もあった。
渋谷区は、10月25日、旧第二美竹分庁舎閉鎖時に、所有者を確知していたにもかかわらず、それらの倉庫・小屋を予告なく一方的に撤去した。現在、それらの物品がどこにあるのかも明らかにされていない。
25日・28日公報において、この撤去について一切触れていない。

美竹公園の仮囲い(封鎖)は準備工事のためのもの、公園にいる人に対して「丁寧なお声がけ」をした、などの渋谷区の空文句については、すでに批判した(注2)。

続いての「路上生活者に対する誹謗中傷は、断じて許されるべきことではありませんし、このたびの公園の利用禁止は、公園内にいる方々を排除することを目的としたものではございません」との文言については、渋谷区の驚くべき厚顔さを再認するために取り上げたい。
路上生活者への誹謗中傷を禁止すると言う同じ口が、どういう開閉具合をしたら、それらの人たちが生活する場所を一方的に封鎖し、恐怖を与え、自尊心を破壊しようとし、一連の封鎖作業に対する野宿者の切実な問いに対して黙殺ができたのか?
わたしたちには全く理解ができない。公園にいる方々の排除を目的にしないという言葉に至っては、当事者にとって明らかな事実(=強制的な排除)の公然たる否認という、さらなる暴力の行使だ。

続いて「路上生活者の社会復帰を目的とするのではなく、公共スペースに起居させることを目的として活動している団体」なるものが出てくる。きっと、わたしたち、ねる会議のことだろう。社会〈復帰〉。わたしたちが、情報を交換し、支え合い、支援や炊き出しと結びつき築いている、生きるためのネットワークを、渋谷区は社会ではないと言うのだろうか? 
わたしたちは、公共スペースは貧しい者のためにこそあると確信している。そして、福祉の利用は、わたしたちの権利としてある。そのため、福祉事務所への同行支援も、福祉サービス改善の申し入れも行っている。福祉をとった仲間とも、わたしたちはつながりがあるし、つながりたいと考えている。
28日公報では、この団体(わたしたち)は一方的な要求を繰り返し、歩み寄っていただくことができず、建設的な話し合いには至っていない、と記している。10月25日のような乱暴なことを繰り返してきたのは渋谷区である。歩み寄りというのは、人権侵害を黙って耐え忍ぶことなのだろうか? 話し合いをないがしろにしているのは渋谷区である。

「10月28日に福祉的支援を申し入れる内容の手紙を改めて持参し」「2名に手紙をお渡しいたしました」とある。25日みたいなことをやった渋谷区を信用できません、と野宿者の1人は受け取りを断っているが、そのことは記していない。福祉事務所は、野宿者にとって、もっとも身近な役所窓口であるが、野宿者排除を防止しようとせず結果的に加担したことによって、その信頼が台無しになったことを自覚すべきだ。渡された〈手紙〉は「急に寒さが厳しくなってまいりましたが、お変わりありませんでしょうか」との時候の挨拶から始まる。10月25日の暴挙のあとで、お変わりありませんでしょうか、もないだろう。そもそも、寒い冬においてテントは身を守るシェルターであり、公園を追い出された時、一時的な福祉から外に出た時、格別に必要なものだ。それを奪おうとしたのは渋谷区ではないか。

ハウジングファースト事業の実績を詳記しているが、渋谷区の同事業は6床しかなく、現在、空き室はあまりないはずだ。アパート暮らしではあるが、原則3ヶ月で、現物支給のみの事業である。同事業は当初、対象を65才以上、路上と福祉を往還している者としており、福祉事務所の窓口では、そのように対象者を限定している。しかし、開発計画などがある場所では、福祉事務所は無限定に同事業を適用している。つまり、野宿者排除の受け皿としての事業となっている。渋谷区の行いは、ハウジングファーストの理念と隔絶している。

渋谷区は、印象操作が巧みなようだ。
しかし、わたしたちはこの街で生きている。消えてなくなりはしない。
2度と追い出すな。

2022年11月8日 ねる会議

注1 旧第二美竹分庁舎の閉鎖および美竹公園利用禁止に伴う仮囲いの設置について(これまでの経緯)
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kankyo/machi/shibuya_eki/stepuppj_keii.html

注2 渋谷区の美竹公園などの封鎖に関する公報を批判する
http://minnanokouenn.blogspot.com/2022/10/blog-post_28.html

2022年11月5日土曜日

11月2日 渋谷区に抗議!!




美竹公園の野宿者4名を含む総勢40名ほどで、10月25日美竹公園封鎖に対して、満腔の怒りをもって渋谷区に抗議を行った。

まずは、公園課へ。井戸田課長は体調不良を理由に不在。カウンター内には25日当日現れた職員も散見する。公園課全体に対して抗議文の読み上げ。井上主査が受領印がなかなか押さないので、しびれを切らせて次ぎ次ぎと声をあがる。「自分たちが同じことされたらどう思いますか?」と当事者。「上司に命令されたからといって不当な職務をしないでください」「なんで説明も謝罪もしないんですか」「ダイバーシティって何ですか」「野宿者差別やめろ」「記録に残せないような仕事やっていると皆さんの仕事がなくなりますよ」「当日も当事者が説明してくださいって言っていたのに全員で無視していましたよね」「今日も無視ですか?」「今日のことも丁寧な説明したと言うんですか?」「住んでいた人たちがどれほど不安だったか」「行政が暴力してどうするんだ」

職員たちは、パソコン画面を見つめるのみ。「あなたたちは25日、わたしたちよりずっと多い人数で公園に押しかけ封鎖して、トイレを使えないようにして、それが住んでいる人たちにとってどれほど不安だったか!アボイントを取れなんて言う資格ない」

つづいて、まちづくり3課。安松課長も中島主査(担当)も不在。職員がチャットで呼ぶが打ち合わせ中で出てこない。ここでも職員は私たちの声を無視。その上、抗議文読み上げの最中に、職員が私たちの姿を隠し撮り。説明を求めるが、一向に出てこない。仕方なく迎えに行ったところ、「大声を出さないでください。廊下に出てください」と大声で繰り返す女性が突如出現。打ち合わせ中だったはずの安松課長だった。結局、私人を無断写真したことについて明らかにしなかった。
まちづくり3課は、25日、分庁舎敷地内の荷物などの無断撤去も行っている。この件については、今後の抗議や話し合いすることになるはずだ。
当事者が、安松課長に言った。「毛布1枚の大切さがあなたに分かっているのか? あなたたちが持って行った毛布は命を助ける毛布なんです」。

さらに、総務課や区長室がある庁舎9階へ。警備員がたち並んでいる。この階の出入り口である自動ドアは、私たちが行くと決まって、電源が切られて開かずの扉になる。美竹公園封鎖の最高責任者である長谷部区長は、扉の向こうに潜んでいたのかもしれないが姿を現さず。

その後、庁舎前でのマイク情宣を行った。

最後に、美竹公園の帰りがけに福祉事務所に寄って、岡崎課長に抗議した。岡崎課長は、当日朝6時に土木部(吉武課長)から美竹公園を仮囲いすることを聞かされ、公園の野宿者が不安になるだろうと思って、職員に公園に行くように命じたとのことだった。これまでやってきた福祉のご案内をしただけ、との岡崎課長の説明に、出入り口やトイレを閉められた恐怖の中でご案内するのが福祉なのか、と追及。すると、ご本人の意思を尊重したと思っている、と課長。現在の生活の継続が選択できないのに意思の尊重と言えるのか、と聞くと、公園や路上でなくて地域の中で住んで欲しいと思っている、と課長。25日の人権侵害状態が、「地域生活」に野宿者を移行させるためのチャンスと福祉事務所は考えたのだろうか?。

福祉事務所として築いてきた利用者との信頼関係を崩すことは止めてくれ、となぜ言えないのか?なぜそう考えないのか?と聞くと、福祉の現場ではそうです、と課長。10月25日にあなたたちが訪れた美竹公園は福祉の現場になったわけでしょ、自分たちの理念と違ったらきちんと言うべき、と言うと課長は押し黙る。人の生活を壊したわけですよ、と言うと、そういう気持ちではないです、と課長。どういう気持ちなのか?と聞くと、地域につなげたい、と課長。公園は地域ではないのか、と聞くと、地域の中にあるものです、と課長。公園で暮らすことも地域で暮らすことではないのか、と聞くと、それは区の方では認められていない、と課長。そのためには手段を選ばないのか?と聞くと、行政としては今までと変わらないでお声がけをしてご理解いただきたいと思っています、と課長。
トイレなどを封鎖するのは人権侵害という認識はあるのか?と問うと、公園課はお声がけをしてきたと聞いている、そういうことがなければどうかなと思う、と課長。
丁寧なお声がけは事実としてなかった、それは認めてください、と言うと、公園課のことは私が認めることではない、と課長。今後、強制排除が起きた時に福祉としては協力できないと渋谷区に言えるのか?と聞くと、状況による、と課長。10月25日の状況はどうなのか、と聞くと、アプローチできることはした、と課長。
今回のことで福祉事務所は信頼なくした、信頼できない、と伝え、抗議文を読み上げた。

長丁場になった渋谷区抗議を終え、美竹公園でおいしい天ぷらうどんをみんなで食べた。


しばらく美竹公園に多くの人が留まって話をしていた。
やっばり公園がいい。公園が必要だ。
私たちはここにいる。渋谷区は私たちを無視するな。追い出すな。










2022年11月3日木曜日

〈声明〉渋谷区・東京都・ヒューリック・清水建設による「渋谷一丁目共同開発事業」のための、渋谷区立美竹公園の強制封鎖と野宿者追い出しに抗議します



<声明 > 渋谷区・東京都・ヒューリック・清水建設による「渋谷一丁目共同開発事業」 のための、渋谷区立美竹公園の強制封鎖と野宿者追い出しに抗議します 

貧困者たちの生活の場である公園を閉めるな!

2022年10月25日早朝6時半、大勢の警備員が美竹公園を囲い、作業服姿の渋谷区職員たちが、トイレと二箇所の公園出入り口を封鎖する作業をおこなった。園内に小屋を作って暮らしていた野宿者たちには、事前に何の説明もなかった。
 野宿者のひとりが、責任者はだれか、説明をしてほしい、閉じ込める気か?と渋谷区職員ひとりづつに問いかけても、ひたすら無視をして誰ひとり答えようとしなかった。他の野宿者が、トイレに行けないのか? と渋谷区職員に尋ねると、外に出て他の公園のトイレをつかって下さい、一旦出るともう中には入れません、といわれた。何の説明もなく公園の水場の蛇口もとり外されていた。

野宿者たちは、封鎖時のことを「人間扱いされていないと感じた」「身の危険を感じた」「恐怖だった」と話している。

そして7時半頃、美竹公園にいる野宿者たちのところに生活福祉課の職員2名が現れた。人権侵害ともいえる状況の中、渋谷区福祉課職員の「案内」を、拒絶することが困難だと感じた3人は従うしかなかった。公園から出る前に3人は所有物放棄のチェックリストを作成させられている。もう一人の野宿者は、外の信頼できる支援者と一緒なら話し合うと渋谷区職員に申し出たが無視され、一度出たら入れないというので出られずそのまま公園に残った。早朝、日雇いの仕事に出かけていた2人の野宿者は午後に戻り、締め出された公園の状況に驚愕した。

事前予告をせず、トイレと出入り口のフェンス封鎖作業、また、水を止めるなど、恐怖感を与えてから野宿者を追い出すという渋谷区のひきょうなやり方に対して、たくさんの支援者・野宿者が美竹公園に駆けつけた。公園出入り口の二重のフェンスごしに、中にいる野宿者を応援し、渋谷区に抗議の声をあげた。抗議の電話も渋谷区へ殺到した。渋谷区職員は公園外周のフェンスにシートをかけて、中に閉じ込められていた野宿者の姿を見えないようにした。が、抗議者たちは、公園内の野宿者を孤立させることを許さなかった。

これまで一度もわたしたちの前に現れたことがない井戸田智司公園課長が美竹公園を訪れたのは、21時半頃だった。これまで何度も野宿者排除をおこなってきた山中昌彦(危機管理対策部長)や吉武成寛(交通政策課長)も現れた。この期に及んでも井戸田課長の官僚的な「お声がけ」で済まそうとする態度に対して、野宿者の寝場所が確保されるまで抗議者たちは立ち去らなかった。福祉課に連れていかれたうち1人も、福祉をことわり公園前に戻り、抗議に加わった。冷たい雨が降る0時前に、井戸田課長は翌日に話し合うとし、一箇所の入り口とトイレを開けた。
渋谷区の公園の強制封鎖は完全に失敗に終わった。

翌10月26日の話し合いでは、トイレと出入り口を塞いだことに対して、井戸田課長は「野宿者に丁寧に声かけをおこなっている」と回答。まるで野宿者たちが納得をしたかのような言い方に、その場にいた複数の野宿者たちは驚愕し「声かけなどされていない」と声をあげた。それでも井戸田課長は「まず丁寧な声かけをしている」「福祉的なアプローチ」と繰り返した。強制封鎖に伴う人権侵害を、野宿者の自己責任に転嫁しているかのようだった。また、井戸田公園課長は、来年4月以降に解体工事を予定している〈渋谷一丁目地区共同開発事業〉の準備工事(詳細はまだ未定)に向けて公園を使用禁止にして封鎖したと説明したが、想定される野宿者へのリスクは明確であり、それよりも優先して封鎖する理由などはまったくないはずだ。

ねる会議や野宿者たちは強制排除ではなく話し合いで解決することを約束してほしいと、これまで何度も要求してきた。驚くことに渋谷区は、約束はできないと答えて、追い出しをほのめかしていた。それでもわたしたちは、10月18日渋谷区公園課窓口で荷物に貼られた除却勧告書について話し合いを行い、公園を突然閉めるようなことがないように求めたばかりだった。そのさい、2012年6月11日に予告なしの美竹公園封鎖を行った渋谷区に対して第二東京弁護士会が出した勧告書もあらためて示し、追い出しが人権にかかわることを確認したはずだった。
しかし、渋谷区はこれまでの話し合いをあざわらうように反故にし、その一週間後、美竹公園から野宿者を冷酷に追い出す計画を執行した。

渋谷区・東京都が推し進めている〈渋谷一丁目地区共同開発事業〉において、ヒューリックと清水建設の共同事業体LinkParkによって「創造文化教育施設」や「多様な都心居住を推進する施設」など民間複合施設の建設が予定されている。
野宿者排除を前提とする同事業に対する、わたしたちの抗議をヒューリックは無視し続けている。今回の渋谷区の暴挙や嘘によって、「創造文化教育」や「多様な都心居住」は、意味のない絵空事であり、それらの施設は野宿者の生活を破壊した上に建てられることが改めて明らかになった。

借り上げ民間アパート(原則3、4ヶ月のみ)の「福祉的アプローチ」の案内を断り、公園に住むことはわがままだとして、渋谷区の一連の暴挙を不問にする論調は少なくない。行政は渋谷周辺において商業主義に合わせた再開発を加速させ、低所得者のための住宅や団地を取り壊し、公園を企業に売り払っている。高額な家賃を払えるほどではないが、仕事をしながらささやかな暮らしを自身で営んでいる野宿者たちが、底が抜けたような格差を生む社会構造の矛盾を自己責任として押し付けられ、排除の対象となっていることはまったく不当だ。このような行政の態度や、悪意のある人々の発言が、野宿者への襲撃・放火など命に関わるヘイトクライムを誘発させている。
美竹公園をはじめとする公共公園は、野宿者たちや低所得者たちにとって、助け合いや情報交換の大切な場なのだ。

野宿者たちも暮らす美竹公園にわたしたちは共に居る。
渋谷区は野宿者や貧困者を追い出すな。

2022年11月2日 ねる会議

---------

<抗議先>

●渋谷区
公園課 03-3463-2888
まちづくり第三課 03-3463-2628
ー渋谷一丁目共同開発事業を担当

●東京都
都市整備局市街地整備部企画課 03-5320-5121
ー渋谷一丁目共同開発事業を担当

●ヒューリック
代表 03-5623-8100
広報 03-5623-8102

●清水建設
本社 03-3561-1111
東京支店 03-3561-3700



2022年11月1日火曜日

渋谷区に抗議!!!

11月2日(水)朝9時美竹公園集合


※渋谷区の野宿者に対する暴挙に抗議します!

2022年10月29日土曜日

渋谷区によって美竹公園が強制封鎖される動画を公開!



10月25日早朝6時半ころ、渋谷区は野宿者が就寝している中、区立美竹公園を抜き打ちに強制封鎖しました。
この映像は、公園で生活していた方が、物音に気づいてテントから公園外に出たあたりより、はじまる15分ほどの内容です。
一部、ブライバシー保護のためにモザイク処理、音処理をしていますが、ノーカットです。

大量な警備員が隊列を組んで硬い表情で向かってくる様子、説明を求める当事者に対して一切無言のままの職員たち、出入り口と同時にフェンスでトイレを封鎖、、、

井戸田公園課長は、10月26日話し合いの際、公園で生活する野宿者に声がけをしてから作業を始めた、声がけと併行してトイレを封鎖した、などと強弁していましたが、真っ赤な嘘です(注1)。

また、10月25日・28日と渋谷区はホームページに「仮囲い設置の際には公園に4名のかたがたがいらっしゃいましたので、丁寧にお声かけをさせていただきました」と発表しています。
しかし、丁寧なお声がけどころか、問いかけに一切答えようとしていません。仮囲い設置の際、野宿者に対して渋谷区がこれほど冷酷だったとは、私たちも考えていませんでした。

10月28日公報では「路上生活者に対する誹謗中傷は、断じて許されるべきことではありませんし、このたびの公園の利用禁止は公園内にいる方々を排除することを目的としたものではございません」とあります(注2)。
突然、生活で利用しているトイレや出入り口を封鎖し、一切の説明もしないことは、誹謗中傷同様、それ以上の暴力的なハラスメントです。
排除することを目的としたものではない!? 目的は、一帯の開発事業の推進であると渋谷区は言いたいのでしょうか? トイレを封鎖して外に出て行かざるをえない状況をつくって、出たら戻れない。25日の仮囲い設置は野宿者に対する強制排除を目論んだものであることは明白です。

野宿者を暴力的に無視しつづける職員、渋谷区の鉄面皮な広報、長谷部健区長をいただく渋谷区行政は、組織的にも人間的にも腐敗のどん底に行き着いたようです。

この動画をぜひ見てください。

ここには、渋谷区の野宿者に対する態度、今回の公園封鎖のむき出しの実態がつぶさに記録されています。
これが、ヒューリック・清水建設・渋谷区・東京都が推進する「渋谷一丁目共同開発事業」の初発の姿であり、公共地を企業利益のために売り払う同事業の本質です。
また、一人の野宿者の心からの叫びに、気持ちを震わせない人はいないと信じます。

注1 動画開始14分以降で、声がけらしきことを渋谷区職員が始めていますが、すでに公園・トイレの封鎖が終了後のことであり、主に所有物リストへの記入を求めたものにすぎません
注2 https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kankyo/machi/shibuya_eki/stepuppj_keii.html