2013年1月5日土曜日

齋藤 純一教授が意見書を提出!!

齋藤 純一教授(早稲田大学政治経済学術院)が、12月14日宮下公園国賠訴訟第9回公判で原告側意見書を裁判所に提出しました。
齋藤教授は、政治学(政治理論)を専門とし、『公共性』(岩波書店, 2000年)『政治と複数性――民主的な公共性にむけて』(岩波書店, 2008年)などの著作を発表してきました。

公共性やデモクラシーの観点から、宮下公園ナイキ化の問題を的確かつ深く論究し、<渋谷区ーナイキジャパン社>の不当を明らかにしています!。

以下のPDFから意見書を閲覧できます。
http://goo.gl/Z5gyY